HOME   »  簡単料理
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨夜書いた家飲みですが、
書き忘れたことがあります。

ワインを飲み終わって
まだお腹が空いてたので、
酔っ払いながらも、初の
ぺペロンチーノなるもの
に私が挑戦してみました。


同じく酔っ払ってる妻から
作り方を口頭で聞きながら
(命令されながら?)
作っていってみました。


ベーコンと玉ねぎを切って、
ニンニクもスライスしろと
言われたので、まずは
ひたすら切っていきます。
とうがらしも切りました。

スライスしたニンニクと
輪切りのとうがらしを
オリーブオイルで焼けと
言われたので、命令通り
やってみることにする。

ニンニクをオリーブオイルで

香りが出るように弱火で
やるように言われたので、
そのようにしていきました。

「いい香りがしてきた!」

と感動のあまり調子にのって
香りを楽しんでいたら・・・

ニンニクを焦がしてしまった

ニンニクが焦げてしまう


気持ちを切り替えるために、
ベーコンと玉ねぎを投入!

ベーコンと玉ねぎを炒める

焦げたニンニクが隠れて、
心機一転、新鮮な気持ちで
また料理にのぞめます。


木ベラで炒めていると、
なんとなく料理してる風で
それっぽい手つきになるので
気分よくなってきますね♪


ルンルン気分な私でしたが…


同時進行で茹でてたパスタが
吹きこぼれそうになってきて、

同時進行で麺をゆでる

それにパニくる私。

ど、ど、どうしよう…

アワアワ、アワアワ

慌てていたら、救いの手が

「ピピピッ、ピピピッ」

茹で時間9分の終わりを
告げるタイマーの音でした。

「もう茹でなくていいよ」
と私を解放してくれました。
ふー、よかったよかった


茹であがった麺をフライパンへ

麺も炒める

お~!

パスタっぽくなってきたぞ!
(ちょっと感動…)

どの程度炒めればいいのか、
わからず、ずっとパスタを
こねくりまわしてたら、
「もういい加減いい!」
と怒られ、終わりにしました。

フライパンからパスタを
お皿に盛り付けました。

奪われた

そして、完成!!

出来上がり

見た目は悪いですが、
味はまぁまぁでした。


料理を全くやらない私なので、
こんな簡単なペペロンチーノ
だけで感動してしまいました。

これからもワインに合う
簡単料理、頑張りま~す!

スポンサーサイト
今夜は珍しく私が魚の料理をしました。
(洋風の魚料理なんて初めてです。)

料理初心者なので、わからないことだらけでした。


まず、料理に使う白ワインを用意。
(伊勢丹で1000円で購入。)

白ワイン


魚に塩コショウをふります。
(適量ってどれくらいだろ…)

塩コショウをふる

↑ちょっとかけすぎ?


さらに白ワインを少しかける。
(これも量の記載なし!)

白ワインをかける

こちらはだいぶケチりました。
自分たちの飲む量が減らないように。


そして、しばらく放置。

しばらく放置

この間に、白ワイン75ccを用意し、

白ワイン75cc

ポッカレモンも用意しておきます。

ポッカレモン


料理開始
焼き始めます。

オリーブオイルを入れて
フライパンを熱します。

フライパンにオリーブオイル

魚をフライパンに投入します。
(油がはねて熱い

魚を投入

適当なところでひっくり返す。

ひっくり返す

完全に焼ける前に白ワインを入れて、

白ワインを入れる

フタをして蒸し焼きにするらしい。

しばらく蒸す

心配で何度もフタをあけて確認。

フタをあけて焼けてるか確認

5回くらい見ても変化なし…

見飽きたので火を止めました。

皿にとりわけて、

お皿にとりわける

残ったタレでソースを作ります。

ソースを作る

バターを適量入れるらしい。

適量ってこれくらいかな?

バターを少し


バターをフライパンに入れる。

ヘラから離れてくれなくて苦戦。

(手を振ってたら変なとこに飛ぶし…)

バターを入れる

ポッカレモンも「3押しほど」とあるが、
うちのポッカレモンは押すタイプじゃない…

適当にドボドボと入れました。

ポッカレモンも入れる

そして、しばらく熱する。
(いつまでやるんだろ…)

しばらく熱する


ボーっと眺めていたら、

「あソースが蒸発してなくなる~

慌てて火をとめました。



魚にソースをかけてあげて

魚にソースをかける

とりあえずこれで完成かな?

完成!


少しソースを味見!


「しょっぱすぎ!


ソースがしょっぱいので、、、

ズッキーニを添えることにしました。

ズッキーニを添えることにする

オリーブオイルだけで焼きました。
(塩コショウは不要です。笑)

オリーブオイルで焼く

魚の横に終えて完成!

お皿に盛る

見た目は美味しそうですね。


料理に使った白ワインと一緒にいただく。

白ワインといただく

うーん…
私の作った料理がまずいからか、
この白ワインはすっきりだからか、
この料理にはなんか合わない…

やはりこってりしたワインの方がいいかも。


しょっぱすぎは塩コショウしすぎだな。
そしてレモンポッカも入れすぎたようです。

ちょっと酸っぱすぎと言われました。


初心者用レシピを参考にすればよかった
(分量の「適量」は私にはハードル高い)


ちなみに参考にしたレシピはこちらです。

「白身魚の白ワイン蒸しレモンソース」のレシピ

決してレシピが悪いのではないですよ!

私の腕が悪いだけです。(念のため・・・)


残念ながら今回は料理も失敗
ワインのチョイスも失敗


どっちもセンスなし!! (笑)

もっと修行が必要ですね。




明日は友人宅でワイン会です。
料理、何作ろうかなぁ…
今夜の簡単料理です。(今夜は私は作らず、撮影のみです…)

「たことタケノコのトマト煮」だそうです。

ゆでダコを用意し、
ゆでだこ

ゆでたタケノコとアスパラガスを切っておきます。
タケノコとアスパラガス

トマト缶も用意しておきます。
トマト缶詰

あとは、料理用の白ワイン1/4カップを用意。
白ワイン1/4カップ

ニンニクを刻んでおき、
にんにく

フライパンに油をしいて、ニンニクを投入!
油をしいてニンニクを熱する

アスパラガスとタケノコを鍋に入れます。
アスパラガスとタケノコをフライパンに投入

しばらく炒めて、
アスパラガスとタケノコを炒めたら

いい感じに焼けていたら、タコを投入!
タコを投入

再び炒めます。
いい感じに炒めて
段々おいしそうになってきましたね。

火が通ったたら、トマト煮の缶詰を入れます。
トマト煮を入れる

全部いっきに入れます。
トマト煮を入れる

次に白ワインを入れるのですが、缶詰のトマトがもったいないので…
白ワインを缶詰に入れてから
白ワインをトマトの缶詰に一旦入れます。

トマト缶に入った白ワインをフライパンへ。
トマト缶に入れた白ワインをフライパンへ

あとは、3~4分煮込みます。
しばらく煮込む

煮込んだら、塩で味付けして、
[広告] VPS


コショウも少し入れて、
[広告] VPS


最後にバターを大さじ1 1/2を入れて、
[広告] VPS


完成です。
できあがり!

これは白ワインに合いそうな料理ですよね!

このレシピは1991年のオレンジページという雑誌に載っていたものです。
(雑誌に載ってるものを少しアレンジしてます。)


夕飯と白ワインについては、また後ほど…

今夜は自宅で安く飲むことにしました。

妻が簡単料理を見つけてくれました。

「アボガドとエリンギのホットサラダ」

まずエリンギを切っておきます。
エリンギも切っておく

そして、アボガドも切っておきます。
アボガドを切っておく

フライパンを熱して、バターを投入!
フライパンを熱してバターを

そして、エリンギをフライパンへ。
エリンギをフライパンへ

アボガドを投入!
アボガドもフライパンへ

醤油と胡椒で味付けして完成。
できあがり!


いや~簡単ですね。


お酒つまみにするならですよ…
私が思ったポイントは
「醤油と胡椒を多めに」
だと思いました。
後から追加したらよかったので。


この料理はクックパッドに載ってます。

以下をご覧下さい。

簡単料理のレシピ詳細
(クックパッドHPへのリンク)

家飲みについてはまた後ほど
広告
プロフィール

kumo

Author:kumo
お酒はビールとワインが好きで、美味しいものと一緒にお酒をワイワイ飲むことが何よりの楽しみな30代半ばのオヤジです。

まだまだワインは勉強始めたばかりでよくわかってませんが、なるべく安くあげて楽しく飲めればいいなぁと思ってます。

このブログは、比較的初心者の私が手軽で安いワインを如何にして身近な簡単料理と楽しんでいくかについて書いていきたいと思ってます。

一番最初の記事の自己紹介に書いてますが、私は料理を全くやらない人間でした。でもワインを安く楽しむには自分で料理を作らなければ!と気づき、頑張ってみることにしました。料理についてはレシピというよりは、初心者の人間が作るとどんな大変さがあるかなど奮闘記みたいな感じに書いています。

本物のワイン好きやグルメの人が見たら何と言われるか分かりませんが、私なりのワインの楽しみ方を紹介していきますね。

ワインに対してどれくらいお金を出すかという私の価値観ですが、現状はこんな感じです。

①普段飲みのワイン
 →500~1500円くらい
②ちょっと奮発!
 →2000~3000円くらい
③たまにいいワインを!!
 →5000円~くらい
④かなり奮発!!!
 →8000円くらい

ワインに対する価値観は人それぞれ違うと思いますが、今の私が無理なく楽しもうと思うと、こんなところです。

こんな私ですが、フィーリングの合う方に見ていただけたら嬉しいです。

まだまだ未熟者ですので、ワインについてのアドバイスや安く美味しく飲めるお得な情報をいただけたら嬉しいです。

宜しくお願いします。(^-^)

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。