HOME   »  2010年01月
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夜寝る前にベッドで横にいる妻に話しかけました。

私「俺の遺言と思って聞いて」
妻「なぁに?」
私「もしも俺が入院して母みたいな状態になったらの話だよ」
妻「うん」
私「タンをとる時は口からにしてね。鼻からは絶対ヤダよ。」
妻「なんで?」
私「鼻からチューブ入れられた母が辛そうにしてたじゃん…」

それに対して妻のひどい返事。

妻「鼻から入れてやって下さいってお願いしてあげる(笑)」
私「ふざけんなよ~(怒)」
妻「私にもやらせて下さいって頼んで私もやってあげるよ」
私「チューブをわざとグリグリ動かして痛くするんだろ…」
妻「そうそう(笑)」


こんなバカな話をしてました。

寝る前に妻とこんなバカな話をできるのが今は幸せに感じます。

父にはもう寝る時、隣に話す相手がいません。
自分も同じことになったら耐えられないと思います。

寝相悪くていつも私の睡眠を邪魔する妻も今は貴重な存在です。

なんてことない出来事が幸せに感じられるようになりました。



※過去のブログに書いた母のタンを取る時の話についてです。
分からない方、すみません…
スポンサーサイト
スローライフ日記 (ガンとの闘病日記はもうすぐ終わりにします)-20100130090336.jpg

今日の桜も綺麗に咲いてました。

3本あった桜のうち2本を棺に入れてあげることにしました。
1本は枯れるまで見届けようと思い、この写真を撮りました。

しかし、告別式に向かう直前に気持ちが変わりました。
やはり3本全てを棺桶に入れてあげることにしたのです。

桜が燃えてしまうのは一見悲しいことのように感じます。
でもそうすることでこの桜は永遠に綺麗なままで心に残る。
だから火葬で燃えてしまうことは決して悪くないだろう。
そう自分に言い聞かせながら、気持ちの整理をしました。

今日のお昼、桜は燃えてしまいました。
形もなくなり真っ白な灰に変わってしまってます。

でも私の中ではこれからもずっと綺麗なまま咲き続けます。

最後に手に触れて目の前で見た桜は本当に綺麗でした。
私は決して忘れません。
スローライフ日記-20100128200525.jpg

母の好きだったナイアガラの甘いワインを買ってきました。

今夜は母が家にいる最後の日なのでみんなで乾杯しました。

父と私たち夫妻と弟夫妻、そしてアメリカから帰国したSACHKAの6人で。

SACHKAの両親TKDAさんは祖父母と親戚以上の付き合いでした。
(TKDAさんと我が家の関係はまたいつか話しますね。)
祖母が小さい頃のSACHKAをよくかわいがっていたらしいです。
だから血はつながってませんが母とは姉妹同然の仲です。
今回葬儀が遅れたおかげで、なんとか家で会うことができました。
本当によかったです。母もきっと喜んでると思います。


昨夜から作ってたスライドショーがギリギリ完成しました。

みんなで母の好きだったワインを飲みながら見ました。

私はワインを一口飲んだら思わず涙がでてしまいました。
ワインがまさしく母の好きな味で懐かしかったのです。
昔はこの味が好きでよく母と一緒に飲んでました。
最近は甘いワインがあまり好きでなくて飲んでませんでした。
でも思い出と共に飲む今日のワインは美味しかったです。


その後の食事はしんみり寂しい話になるかと思ってました。
ところが、逆に今夜は楽しい話ばかりでした。
スライドショーが楽しい思い出ばかりだったからでしょうか。
みんなでワイワイと母の思い出話で盛り上がりよく笑いました。
「何も言い返されないのをいいことに俺は喋り過ぎかな?」
なんて言いながら父は母のことをどんどん話してました。
36年の夫婦生活中の暴露話はなかなか面白かったです♪
母も見送られる最後の晩はにぎやかな方が喜ぶと思います。
本当に素敵な食事でした。


ワインを飲み過ぎたのか父はパソコンの前に座りながら居眠り。
明後日の挨拶を考えてたようですが、こっくりこっくり…

私もお線香をあげに行ったのに、同じく棺の横で寝てました。
最後の親孝行ですかね。(笑)
たった数分でしたが、不思議と気持ちよく眠れました。

私が目を覚ましてしばらくしたら妻が部屋にやってきました。
母の棺の前でしばらく母や私の家族について話をしました。

少し変わった家族ですが、不思議と人とのご縁には恵まれてます。
「こんな素晴らしい家族の血を受け継いでよかったね。」
と妻。うなずく私。

そして母に「おやすみ」を告げて私たちは寝ました。

明日母は家を出て行きます。
スローライフ日記-20100128033110.jpg

今日の景応桜です。
(今日と言ってももう夜中ですが…)

桜は昨日よりも咲いてます!
(わからないかもしれませんが…)

母のスライドショーを作ってたらこんな時間になってました。
(葬儀屋に頼むスライドショーとは別に飾っておく為のです)

闘病生活を始めた六年半前まで遡って写真をかき集めました。

まずは我が家でのお祝いごとの時の写真をメインに集め、
(両親の誕生日祝いや結婚記念日、母の日や敬老の日など)
次に母の友人や仕事の同僚との食事会の写真を集め、
更に旅行に行った時の写真も。

母はなんと活発に行動してたことか!驚いてしまいました。


母の周りの方の言ってることが分かりました。

「ガン患者とは思えないほど元気ではつらつとしてた。」

写真の表情を見てるとどれもその通りで素敵な笑顔です。

家では決して楽しいことばかりではありませんでした。
私は母のつらそうなところを何度も見てきました。

でも外に出て人に会う時はまったく見せてなかったようです。

本当にすごい人間だったと感心してしまいます。

まだ作成途中ですが、さっき母の棺桶の前で流してみました。
う~ん、なかなかいい出来になりそうだ!
私の腕でなくモデルがいいので…
(^^;)

明日中に一枚一枚コメント入れていかないといけません。
うぅ、間に合うかなぁ…
まぁ頑張るか!


あ、今日は自宅で納棺しました。

昨日までは布団で寝てて、顔を触ってあげることができました。
でも今日からは小さな窓越しでしか顔を見ることができません。

ちょっと悲しいですね。

でもまだ我が家にいると思うだけでホッとします。

きっと出棺で家を出ていく時は辛いだろうなぁ…

できれば火葬なんか立ち会いたくないもんです…

なーんて弱気なこと言ってられませんね!
明後日は母の最後をしっかり見届けてきます。
いっぱい泣いてもいいようにポカリを飲んでおかないと(笑)


それにしても、小窓から見える母の顔はとても綺麗です。
これなら人様にも堂々と見せてあげられます。
仕事行く時によく着ていたスーツを白装束の上に着せてます。
まるでこれから起きて仕事に行くかのように見えます。

いろいろ悩みながらも最後に自分のライフワークを見つけた母。
そんな母に敬意を表して仕事服で送り出してあげます。


あと残された1日を大事にしたいと思います♪
スローライフ日記-20100127091224.jpg

母が入院してから私は毎朝涙を流します。
(私は泣き虫なのです…)

入院中は、朝起きて緊急の電話がなかったことに安心して、

「昨夜も1日何もなかったか」

そんなことに感謝して涙を流します。


母が亡くなった翌日、バカな話ですが起きて最初に思ったのが

「昨夜も緊急電話なかったか…」

でした。もう電話なんてかかってくるはずないのに…

朝起きてそう思うのが癖になってまったようです。

そんな心配はもういらないのかと思うとまた悲しくなり涙が…

そして今朝も涙を流しました。

でもそれは母のことではありません。

私の友人からのメールを見てです。

周りの方にいただいた言葉を見て涙が止まらなくなりました。

皆なんて暖かいのでしょう。
私は人に対してそんな暖かいことができるだろうか…
人の暖かさというものを感じました。

母がこんなことにならなければきっと気付かなかったでしょう。

母からの最後の贈り物のような気がしてなりません。


私は口下手でなかなか感謝の気持ちを上手く伝えられません。

だからここ(ブログ)で書くことしかできないのです。

こんな方法でしかできなくてすみません。

でも、ここだと私の素直な気持ちが書けるのです。

皆さん本当にありがとうございます。
スローライフ日記-20100126171641.jpg

景応桜は我が家に来ても元気に咲いてます。

今は静かに眠っている母の枕元に飾られています。

顔を見てるとなんだか声をかけて起こしてあげたくなります。

昨日みたいにまた桜を見せたら微笑んでくれるのではないかと。


お通夜が金曜の夜になったので時間的な余裕ができました。

今日1日終えて1人の時間ができて、急に書きたくなりました。

弔問に来られる方との話を聞く度に母の偉大さに気づきます。

母の前向きな姿に共感してくれるファンがなんと多いことか。

もう少しだけ母の闘いについて書いていきたいと思います。

残り少しのゆっくりした時間を大事にながら書いていきます。

そしてお世話になった方々へのお礼も書いていきたいですね。

とりあえずは告別式が終わるまではおとなしくしときます。

さすがに今は人のブログを見る余裕はないのですみません。

また落ち着いたら遊びに行って読ませていただきます。
本日17時06分

母の長い闘いが終わりました。

よく頑張ってくれました。

今まで応援してくださった皆様、どうもありがとうございました。

落ち着くまでしばらくブログはお休みします。

取り急ぎ、ご報告とお礼を申し上げます。
広告
プロフィール

kumo

Author:kumo
お酒はビールとワインが好きで、美味しいものと一緒にお酒をワイワイ飲むことが何よりの楽しみな30代半ばのオヤジです。

まだまだワインは勉強始めたばかりでよくわかってませんが、なるべく安くあげて楽しく飲めればいいなぁと思ってます。

このブログは、比較的初心者の私が手軽で安いワインを如何にして身近な簡単料理と楽しんでいくかについて書いていきたいと思ってます。

一番最初の記事の自己紹介に書いてますが、私は料理を全くやらない人間でした。でもワインを安く楽しむには自分で料理を作らなければ!と気づき、頑張ってみることにしました。料理についてはレシピというよりは、初心者の人間が作るとどんな大変さがあるかなど奮闘記みたいな感じに書いています。

本物のワイン好きやグルメの人が見たら何と言われるか分かりませんが、私なりのワインの楽しみ方を紹介していきますね。

ワインに対してどれくらいお金を出すかという私の価値観ですが、現状はこんな感じです。

①普段飲みのワイン
 →500~1500円くらい
②ちょっと奮発!
 →2000~3000円くらい
③たまにいいワインを!!
 →5000円~くらい
④かなり奮発!!!
 →8000円くらい

ワインに対する価値観は人それぞれ違うと思いますが、今の私が無理なく楽しもうと思うと、こんなところです。

こんな私ですが、フィーリングの合う方に見ていただけたら嬉しいです。

まだまだ未熟者ですので、ワインについてのアドバイスや安く美味しく飲めるお得な情報をいただけたら嬉しいです。

宜しくお願いします。(^-^)

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。