HOME   »  2010年02月12日
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

告別式の話も忘れないうちに書いておきたいと思います。




通夜が終わったあと、私たちは家に帰ろうとしました。


葬儀の担当のNHRAさんが驚いて父に言いました。


 「え?帰られるのですか?」


普通は線香の火を絶やさないように一晩付き添うとか。




斎場には宿泊する部屋が1つ用意されていました。


どうやらその部屋はそのための部屋だったそうです。


父は夜の付き添いの話は知ってましたが、


 「まぁ、わざわざ付き添わなくてもいいか。」


と思ってたらしく、その部屋は親族のために使いました。




ところが、NHRAさんに言われて気が変わったそうです。


 「やっぱり、一晩付き添ってあげることにした。」


そう言って一旦家に帰ってから、泊まる支度をしてきました。




一晩とまって父はとても満足そうでした。


 「やっぱり泊まって付き添ってあげてよかった。」


そう言って、NHRAさんに感謝してました。




翌朝、父はそのまま告別式まで斎場にいる予定でした。


ところが、妻が朝起きて大事なことを思い出してくれました。


 「お父さんも棺桶に入れてあげたいものあるんじゃない?」


確かにそうでした。慌てて父に電話してみました。


 「あるある。急いで帰るよ。」


そういってすぐに帰ってきました。




父はどうしても帽子を入れてあげたかったそうです。


ところが、母の使っていた帽子がなかなか見つかりません。


1時間探して見つからなかったので諦めかけてました。


幸い、最後の最後になって父は見つけることができました。


きっと見つからなかったら、大きな悔いが残ったでしょう。


(何故帽子にこだわりがあるのかは、別記事で話します。)




私が入れるものはもう決まってました。


それは私の作った折り紙です。


昔、祖父のボケ防止のために祖父と2人で作ったものです。


母はその折り紙を大事に大事に食器棚に飾っていました。


きっと私の思い出というより、祖父の思い出だったのでしょう。


この折り紙を一緒に持って行って祖父の元に返して欲しい。


そう思って私は棺桶に入れました。




入れた折り紙たちです。






サンタクロースとトナカイとソリ

スローライフ日記 (ガンとの闘病日記はもうすぐ終わりにします)-サンタクロースとトナカイ





サル、イノシシ、カニ、般若のお面(2つ)

スローライフ日記 (ガンとの闘病日記はもうすぐ終わりにします)-その他の折り紙





啓翁桜も後から追加して入れました。


(過去記事「桜は綺麗なまま燃えてしまいました
」)


スローライフ日記 (ガンとの闘病日記はもうすぐ終わりにします)-棺桶に入れるもの




私はずっとこの日が憂鬱でたまりませんでした。


火葬場で母が焼かれるところを見たくなかったのです。


でも、この荷物ができた時には、ふっきれてました。


こうして荷物もととのい、告別式に向かったのです。





長くなるので、告別式の話は別の記事に書きます。

スポンサーサイト

今日のお昼はラーメン。

私が小学生の頃からたまに食べに来てるラーメン屋です。
20年以上経つのに、いまだに1種類しか食べたことないです。

 「今日こそは違うラーメン食べるぞ~!」

毎回、固い決心でお店に向かいます。

ところがお店につくとどうしても誘惑に負けてしまいます。
みんなこのラーメン食べてるので匂いを嗅ぐともうダメです。

スローライフ日記 (ガンとの闘病日記はもうすぐ終わりにします)-いつも食べるラーメン


どこのラーメン屋かわかりますか?
って知るわけないですよね(笑)

(かなりローカルでマイナーなラーメン屋なんで…)

今日は動画を撮ってみました。


まずは具を崩して混ぜます。
script_ameba_vision_movie,http://visionmovie.ameba.jp/mcj.php?id=30s52qg75nW:bhbV:Ni:cc:y3tjvBdcV/1NGf7/xmLbkgdPSngKJUd:Dx_G:xs:OQ:WQ5oLU_MFb3MIhckOmiMq/&width=320&height=240&skin=gray



次に箸で麺をすくいます。
script_ameba_vision_movie,http://visionmovie.ameba.jp/mcj.php?id=pms52qg75nW:bhbV:Ni:cc:0hBq9wnffxWJUf7/xmLbkgdPTogKJUd:Dx_G:xe:OQ:Y7NvZCJPdNYIWhckOmiMq/&width=320&height=240&skin=gray


あとはひたすら熱いうちに食べるだけです。

私は食べるの早いので、すぐに食べ終わってしまいます。


残ったスープです。
script_ameba_vision_movie,http://visionmovie.ameba.jp/mcj.php?id=0xs52qg75nW:bhbV:Ni:cc:zmFinze5SiLKFf7/xmLbkgdPVggKJUd:Dx_G:xp:OQ:X_RnDFApF/NJHhckOmiMq/&width=320&height=240&skin=gray



いけないと思いながら、ついつい飲んでしまいます。


スープはこれしか残ってません。
スローライフ日記 (ガンとの闘病日記はもうすぐ終わりにします)-食べた後のラーメンの汁


健康によくなさそうですよね。笑
(あとでかなり喉がかわきます。)

先日土曜にきた時に店の外まで行列ができてびっくり!

 「ついにここも有名店になってしまったか!?」

なーんて思ってたらその日だけでした。(笑)

いつまでもローカルの隠れた名店でいてください♪



今日はワイン学校に行ってきました。


前回のフランスワインの授業は母の葬儀で欠席してしまいました。

是非とも受けたかった授業だったのですが残念でした…

しかし、今日教室に着いたらKITA姉が素晴らしいメモをくれました。


 「授業に出られなかっただろうからこれあげます。」


スローライフ日記 (ガンとの闘病日記はもうすぐ終わりにします)-KITA姉のメモ

フランスワインの時間に先生が黒板に書いた内容だそうです。

とてもわかりやすくまとまっていて、しかも見やすいです。

この気遣い、さすがKITA姉さんです!

本当に嬉しかったです。

KITA姉、メモ大事にしますね!(^O^)/




さて、本日のテーマはイタリアワイン。


イタリアのブドウ品種は初めて聞くものが多くて覚えるのが大変でした。


大学の卒業旅行でイタリアに行ってたので地名はよくわかりましたが。



楽しみのテイスティングの時間♪

スローライフ日記 (ガンとの闘病日記はもうすぐ終わりにします)-テイスティングの時間


白ワイン2つに赤ワイン4つでした。

赤の1つに「バローロ」もありました。

(残念ながら私はあまり好きではありませんでしたが…)



今日の居酒屋席のおつまみ。


AYUが珍しいチーズを持ってきてくれました。

スローライフ日記 (ガンとの闘病日記はもうすぐ終わりにします)-AYUにもらったチーズ

なんかお花みたいですよね?


お店で目の前でチーズを綺麗に削ってくれたそうです。


こんな感じでパックに入ってました。
スローライフ日記 (ガンとの闘病日記はもうすぐ終わりにします)-珍しいチーズ

パックには「テッド・ド・モワンヌ」と書いてありました。

うーん、まだチーズはさっぱりわからんです。


でもとても美味しかったです。AYU、ごちそうさまでした♪

(私は何も持って行かなくてすみませんでした…)




よく赤ワインの概観を表現する時に

 「ガーネット」 「ルビー」

などの表現を使いますよね。


でも、私は本物を見たことがありませんでした。


今日は先生が宝石を回覧してくれました。



こちらはガーネット。
スローライフ日記 (ガンとの闘病日記はもうすぐ終わりにします)-ガーネット


こちらはルビー。(ルビーの方が高いからサイズが小さいとか。笑)
スローライフ日記 (ガンとの闘病日記はもうすぐ終わりにします)-ルビー

うーん、あまり違いがわかりませんでした。(>_<)



最近、クラスでは来期以降どうするかという話が出てきてます。

受験対策コースに行ってワインの資格をとるという方もいます。

資格にこだわらず次のステップの授業を受けて知識を深める。

そういう方もいます。


今日の帰り道にクラスメイトと渋谷駅まで一緒に歩いて帰りました。

彼女とも来期以降の話をしました。

なんでワイン学校に来たのか聞いてみると

「お店で飲みたいワインを伝えても思い通りでないことがあった。」

そんなことがあって、

「自分の好きなワインを自分で伝えられるようになりたい。」

というのが目的だったそうです。

なので、彼女は今の基礎コースで十分だと言ってました。

「自力で勉強して、受験してみようかなと思ったら受けてみる。」

と。


それも1つの考え方だな、と参考になりました。



さて、私はどうするかな…


まだ悩んでいます。


ワインの資格が私にとってどれほど重要なんだろうか。


もう少し考えてみようと思います。





広告
プロフィール

kumo

Author:kumo
お酒はビールとワインが好きで、美味しいものと一緒にお酒をワイワイ飲むことが何よりの楽しみな30代半ばのオヤジです。

まだまだワインは勉強始めたばかりでよくわかってませんが、なるべく安くあげて楽しく飲めればいいなぁと思ってます。

このブログは、比較的初心者の私が手軽で安いワインを如何にして身近な簡単料理と楽しんでいくかについて書いていきたいと思ってます。

一番最初の記事の自己紹介に書いてますが、私は料理を全くやらない人間でした。でもワインを安く楽しむには自分で料理を作らなければ!と気づき、頑張ってみることにしました。料理についてはレシピというよりは、初心者の人間が作るとどんな大変さがあるかなど奮闘記みたいな感じに書いています。

本物のワイン好きやグルメの人が見たら何と言われるか分かりませんが、私なりのワインの楽しみ方を紹介していきますね。

ワインに対してどれくらいお金を出すかという私の価値観ですが、現状はこんな感じです。

①普段飲みのワイン
 →500~1500円くらい
②ちょっと奮発!
 →2000~3000円くらい
③たまにいいワインを!!
 →5000円~くらい
④かなり奮発!!!
 →8000円くらい

ワインに対する価値観は人それぞれ違うと思いますが、今の私が無理なく楽しもうと思うと、こんなところです。

こんな私ですが、フィーリングの合う方に見ていただけたら嬉しいです。

まだまだ未熟者ですので、ワインについてのアドバイスや安く美味しく飲めるお得な情報をいただけたら嬉しいです。

宜しくお願いします。(^-^)

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。