HOME   »  2010年07月
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
代官山コルドンブルーにきてます。

ログハウスでワインを楽しむスローライフ日記-20100731133805.jpg

またいつものように料理をいただきに。

コルドンブルーにはカフェがあります。

美味しそうなパンやケーキが並んでて

ログハウスでワインを楽しむスローライフ日記-20100731135224.jpg

お茶やジャムなども売ってました。

ログハウスでワインを楽しむスローライフ日記-20100731135341.jpg

ケーキとお茶を飲んで行きたいところでしたが、ダイエット中なので我慢しました。


今日いただいた料理は

「ウサギのジビエ、背肉の腎臓包みと骨付き肉のロティ、栗のピューレ添え」

だそうです。

こりゃピノ・ノワール買って帰らないとニコニコ音符
スポンサーサイト

マクドナルドで久しぶりにシェークを頼みました。

ログハウスでワインを楽しむスローライフ日記-20100729115535.jpg

私はマクドナルドが好きでよく来ます。


少しでも得しようと、株主優待を使ったり、

金券屋でコーヒー回数券を買ったりします。


最近はちょっと考えが変わってきまして、

得した分どこかに還元しようと考えました。


これは義理妹からコンサートの招待を

受けるようになり、「がんの子供を守る会」

というものの存在を知り、病気と闘ってる人

を支える人たちもいるんだ、ということを

知るようになってから、マクドナルドの募金

の目的に賛同するようになったのです。

(もちろん、私が母の闘病生活を支える

ようになったからというのもあります。)



そこで、私は次のルールに基づいて、

マックの募金に参加することにしました。


株主優待やチケットで得した時は

財布の中の端数のお金を募金する。


この端数のお金というのは次の通りです。


(1) 10円未満の小銭があれば全部。

(2) (1)がなければ最小単位の硬化1枚。

(3) (2)がなければ最小単位の紙幣1枚。



元々私は財布の中に小銭がジャラジャラと

入ってるのが嫌いで、玄関に缶を置いておき、

帰宅すると小さい小銭は投げ込んでました。


たまった小銭はといいますと、募金してました。


毎年24時間テレビの時にお向かいの親せきが

親子で会場に行くという時に、そこの子供さん

たまった小銭を渡して募金をお願いしてました。


これはただ単に募金しに行くのが面倒だった

というのもありますが、やってみてからいいな

と思ったからしばらくこんなことを続けてました。


お願いした子供さんに小さい頃からこういう

募金するという行為を体験してらうことと、

あとは、ただ単に募金するよりもいい効果が

あるのではないか?と勝手に思ったからです。

(はっきり言ってこれは「自己満足」ですね!)


今は引っ越してしまい、親せきの方に

お願いすることができなくなったので、

自分でマックに募金することにした。


お金もちでなくても、収入の10%程度を

寄付して、お金の循環をよくするといい。

というのを聞きますが、実際にその10%

というのを計算すると思い切ってそういう

ことができないということに気付きました。


まだまだ私が未熟だということですね!


そこで、このようにゲーム感覚で募金を

してみて、自分自身に寄付の習慣という

ものを身に着けさせようとしています。



なんで私がこんな募金なんてことを

考えるようになったかというと、、、

別に昔からそれが当たり前だったとか

好きだったという訳ではないのです。


ログハウスを持つようになって変わりました。


私は今まで働いて貯めたお金を

ログハウスにつぎ込んでます。

これは自分がこれまで辛い思いをして

稼いだお金を何かの形にしたいという

欲求を満たすためというのがありました。

もちろん、母の残された時間を有意義に

するためというのもあっての決断ですが。

ところが、ログハウスを持ってみて

わかったのが、このログハウスを

本当に自分だけで楽しんでいるか?

というと、そうではなかったのです。


私はこのログハウスをもつようになり、

一番楽しいなぁと思う瞬間が最近わかり、

それはみんなが楽しそうにしてるところ

を見ることが自分の一番の喜びなんだ、

ということに気付いたのです。


だから、ログハウスに来て下さる方々

には、本当に感謝しております。



人に喜んでもらうために何かを頑張る

というのは気持ちいいことなんだなぁ、

と気づき、自分にできることはないか?

ということを今考えているところです。


ところが、これと言って今はいい答えが

出てこないので、まずは、募金という

小さいことから始めてみようと思い、

取り組んでみることにしたのです。



と、まぁ、ここまでは立派そうなことを

書いてしまってますが、まだ私の中の

ルールで募金した最高額は500円です。



今日、シェークを待ってる時にふと、

募金箱を見たら千円札が入ってました。


なぜか、お札が募金箱に入ってると、

「おぉ~!」と思ってしまいますね。(笑)


私の中のルールですと、状況によっては

最高で1万円を寄付することになります。


果たしてそのような状況になった時、

私はどんな気持ちになるのでしょうかね…汗




こんな記事を書いておいてなんですが、

 「是非、ここにも募金して下さい!」

なんて言われても、私は

 「はい、どうぞ!」

と応じれるほど、気持ちの上で

成熟してませんし、お金もないので

そのようなお願いされても困ります。


 念のため。。。。(笑)



今の私はマックの募金で精一杯です。。。


ワイン学校の友人と遠藤利三郎商店に行ってきました。


押上にあるお店でワイン学校の先生がオーナーらしいです。


お店の外観はこんな感じです。


ログハウスでワインを楽しむスローライフ日記-お店の外



お店の入口の横にはブドウの木があります。


ログハウスでワインを楽しむスローライフ日記-店の前のブドウの木


先についた私は我慢できず、

ビールを頼んでしまいました。


ログハウスでワインを楽しむスローライフ日記-最初のビール



後から来た友人二人はやっぱり、

スパークリングワインを注文。

(さすがワイン好き!)



最初にパンを出してくれます。


ログハウスでワインを楽しむスローライフ日記-パンをどうぞ

とりあえず前菜の盛り合わせを注文。


ログハウスでワインを楽しむスローライフ日記-前菜盛り合わせ


白ワインをどっちにするか迷う。

どちらも3000円台前半のワイン。

ログハウスでワインを楽しむスローライフ日記-2本の白ワインで悩む

イタリアのワインか南フランスのワインで迷い、

香りがよいという南フランスの方にしました。


マスカットの香りが強く、とてもいい香り。

ちょっと甘いかと思いきや、飲んでみたら

すっきりしてて、グビグビ飲めてしまうワイン。

ログハウスでワインを楽しむスローライフ日記-ラングドックのミュスカ


ソムリエがこういうグビグビ飲める方が

ムール貝にはいいと言ってました。


ログハウスでワインを楽しむスローライフ日記-ムール貝


ムール貝はレストランで出るような

気取った料理ではないので、ワインも

気取らないワインの方がいいとか。


うーん、なるほど。。。



次に赤ワインにいきました。



この日は暑かったということもあり、

あまり重くない、軽めのワインに

したいとソムリエに告げました。


すると、ピノノワール2本が紹介され、


ログハウスでワインを楽しむスローライフ日記-2本の赤ワインで悩む

フランスのワインとアメリカのワインで悩む。。。



結局、アメリカ・オレゴンのピノノワールに決定。


ログハウスでワインを楽しむスローライフ日記-オレゴンのピノノワール


フランスのロワールの軽めのピノノワールより、

もうちょっとしっかりしたオレゴンのにしました。


牛肉煮込みパスタと一緒にいただきました。

ログハウスでワインを楽しむスローライフ日記-牛肉煮込みパスタ


とてもよく合って美味しくいただきました!



この日は一人6000円くらいでした。



このお店はだいたい3000円くらいで

美味しくて手頃なワインを紹介して

いただけるのがいいですね。


わりと気楽に飲めるのもいいかも。


よかったら行ってみてください。



無事に初体験をすませることができました。



服を脱いで始める前まではドキドキしてましたが、やってみたら人から聞いてるほどで難しくなく、意外と大丈夫でした。



思ったより激しく体を動かしたので汗をかいてしまいました。



体位をたくさん変えさせられて、次はこの体位で、今度はこうして、ああしてと命令されまくりました。



「うつ伏せになってお尻あげなさい」なんて言われた時はちょっと恥ずかしかったですが、気合い入れてお尻を上げすぎて「そんなにあげなくていい」と怒られました。(笑)



これで私も一皮むけて大人になった気がします。
前回ビビってしまい、



不発に終わった私の初体験…



明日こそは一皮むけたいとこ…



まだ体調がよくないからと、



今から言い訳をしてしまう私。



万が一あの白い液体が、

流れ込んでしまったら…

ビビってしまう弱い私。





どうしても一歩踏み出せない。



頑張れオレ!





一つ大人の階段を上るのか、

ヘタレで終わってしまうか。



また明日報告します。

先日のおばあちゃん孝行、久しぶりにとんかつのさぼてんに行ってきました。



揚げ物好きの祖母が最近とんかつを食べたいと言わなくなったのがちょっと寂しかったのですが、この日は珍しくさぼてんに行こうと言いました。





最初に出てくるキャベツを食べながらしばらくお話。



ログハウスでワインを楽しむスローライフ日記-20100724133004.jpg




もうすぐ誕生日がくるから88歳のお祝いを弟も東京に呼んで「豆腐屋うかい」でやりたい!と嬉しそうに話してました。



「豆腐屋うかい」はまだ祖父や母が生きてた頃、たまに食べに行ってたお店で、我が家にとっては思い出のお店なのです。



そんな話をしてたらとんかつがきました。



私は黒胡椒巻きかつとロースかつ定食。



ログハウスでワインを楽しむスローライフ日記-20100724134239.jpg




祖母はイベリコ豚のチーズメンチとエビフライ定食。



エビフライがついてるからこの定食を頼んだ祖母だったのに、またまた「これあげる!」と私にくれました。



ログハウスでワインを楽しむスローライフ日記-20100724135420.jpg




「おばあちゃん、もうお腹いっぱいで食べられなくなっちゃったから食べて!」



またいつもの攻撃の始まりです。(笑)



まぁ、おっきいお椀いっぱいに入ったご飯を「残したら勿体無いから!」と気合いで全部食べてたから、今日は本当なのかもな…



そう思い、ありがたく海老フライをいただくことにしました。







祖母がなぜこんなに揚げ物が好きなのか、面白い話を聞きました。



昔、祖父が工場で働いていた頃、予告なく(当時は携帯がないので当たり前ですが…)、いきなり部下を大勢連れて帰ってくることがしばしばあったそうです。



祖母は嫌な顔一つせずに、いつも対応していたそうです。



みんなに何か料理を振る舞ってあげねばならん!という時にはいつも揚げ物で乗り切ったそうです。



僅かな食材の肉や野菜を小さく切って数を増やして、パン粉をたくさんつけて大きくみせるように揚げて、それをきれいに盛り付けてお客様に出していたそうです。



足りないと思った時には庭にある葉っぱなども摘んで揚げていたとか。



(この名残で我が家の庭には食べられるものが今でもたくさん植えてあるのでしょう。)



今だとあまり大したご馳走ではないように聞こえますが、当時はそれでもとても喜ばれたそうです。



いつしか部下の間では「Wさん(祖父)の家に行くとご馳走が出て、しかも仕事の話や愚痴を最後までじっくり聞いてくれるらしい。」という噂が広まっていったそうです。




それでW家はまたさらに毎晩忙しくなっていったそうです。



もちろん祖父の人柄もありますが、きっとこんな祖母のサポートもあってでしょう。




祖父はどんどん出世していったそうです。



何年か前にNHKのドラマで「巧妙が辻」というのをやってましたが、まさに祖父母の話と似ていると思い、毎週楽しく見ていました。



さて、食事を終えて、祖母の思い出話を聞いていたら、お腹いっぱいでトイレに行きたくなりました。




トイレに行って帰ってみたら、なんと、、、




ログハウスでワインを楽しむスローライフ日記-20100724142126.jpg


勝手にデザートのアイスが注文されていました。(笑)



「おばあちゃん、ちょっとぉ… (^^;)」



祖母は人におもてなしをする時少し強引なところがあります。




でも不思議と憎めないんですよね。




それが祖母の人柄なのでしょう。




最近同じことを何度も言うようになりましたが、今日も祖母は元気にもりもり食べてました♪

な、な、な、なんと・・・

初めて「超高級シャンパン」をいただきました!

私はワインが好きでよく飲んでますが、シャンパンは滅多に飲めません。

スパークリングワインの中にはシャンパンと同じ製法で美味しいものもあるので、

「オレはまだシャンパンなんて飲める身分ではないんで、スパークリングワインで十分だい!」
なんて思いながらも、やはりシャンパン飲んでみたいなぁと思ってしまいます。

やはりいただくと嬉しいものですね、シャンパンって。

script_ameba_item,http://stat.present.ameba.jp/blog/js/gp/ksV02zewQ9mEfvUnQFrBev20100723165800.js?6LaF6auY57Sa44K344Oj44Oz44OR44Oz:L2ltZy9kYXRhLzEwODhfTF9MLmpwZw==


私が母を亡くし、悲しい気持ちを書き綴っていた頃に、同じ境遇にあったmystic Kさんにはいつも温かい言葉をいただいており、励まされておりました。

Kさんの料理記事に比べたら私の記事なんて恥ずかしいくらいなんですが、Kさんはこんな私にも素敵なアドバイスをくださります。料理嫌いな私も「また次も頑張ってみよう」という気持ちになってしまいます。

いつかKさんの旅館に行って美味しい料理とお酒を楽しみに行ってみたいです!

Kさん、これからもよろしくお願いしま~す♪

広告
プロフィール

kumo

Author:kumo
お酒はビールとワインが好きで、美味しいものと一緒にお酒をワイワイ飲むことが何よりの楽しみな30代半ばのオヤジです。

まだまだワインは勉強始めたばかりでよくわかってませんが、なるべく安くあげて楽しく飲めればいいなぁと思ってます。

このブログは、比較的初心者の私が手軽で安いワインを如何にして身近な簡単料理と楽しんでいくかについて書いていきたいと思ってます。

一番最初の記事の自己紹介に書いてますが、私は料理を全くやらない人間でした。でもワインを安く楽しむには自分で料理を作らなければ!と気づき、頑張ってみることにしました。料理についてはレシピというよりは、初心者の人間が作るとどんな大変さがあるかなど奮闘記みたいな感じに書いています。

本物のワイン好きやグルメの人が見たら何と言われるか分かりませんが、私なりのワインの楽しみ方を紹介していきますね。

ワインに対してどれくらいお金を出すかという私の価値観ですが、現状はこんな感じです。

①普段飲みのワイン
 →500~1500円くらい
②ちょっと奮発!
 →2000~3000円くらい
③たまにいいワインを!!
 →5000円~くらい
④かなり奮発!!!
 →8000円くらい

ワインに対する価値観は人それぞれ違うと思いますが、今の私が無理なく楽しもうと思うと、こんなところです。

こんな私ですが、フィーリングの合う方に見ていただけたら嬉しいです。

まだまだ未熟者ですので、ワインについてのアドバイスや安く美味しく飲めるお得な情報をいただけたら嬉しいです。

宜しくお願いします。(^-^)

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。