HOME   »  2010年10月10日
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢に向かうと言ったのは

いいものの、何をしたら

いいのかわからない…


そんな私ですが、


実は、ちょっと前に私は

社会的企業家セミナー

に申し込みをしてました。



私のやりたいことは

どちらかというと、この

社会起業に近いようで

興味あったからです。



最初はビビって、初日の

お話を聞くだけのコース

を申し込んでたのですが、


OMRさんがせっかくなら

事業計画を作る5日間の

コースの方に出るように

言ってくださり、申し込み

コースを変更しました。



11月に入ってから1ヶ月

かけて5日間のコースで

勉強する予定なんですが、

それに向けていろいろと

準備する必要があります。



今の私には何もないので…



強い想いがあるだけで、

それ以外は何もない…



何をどうしたらいいのか

わからない状態です。



OMRさんはまず私が

やりたいことを自分で

全部やるつもりで準備

してみたらどうか?と

提案して下さりました。


つまりは、


独立するということです。


私、そんなこと、今まで

考えたこともありません

でしたが、とりあえず、

何をするにしても、まず

そこから考えることは

悪くないと思いました。



そのような経緯で前述の

社会的企業のセミナーを

受ける前に一度いろいろ

とお話を聞くという意味で

独立・起業に関する相談

に行くことになりました。



ちょっと驚きの展開です。



続きはまた今度書きます。



スポンサーサイト

昨日書いた記事の続きです。


お袋の味「本場イタリアンのラザニア」①


「本場イタリアン」という表現、

なんか誤解されそうですね。

(^^;)


イタリア人に習ったものでなく、

正確にはイタリア系アメリカ人

だから本場イタリアンじゃない

ではないかと言われそう。(笑)


何故そんなタイトルにしたのか

私の考えは最後に書きますね。



さて、


オーブンに入ったラザニア、

待ち切れずオーブンの前で

座って待っていた私でした。


ログハウスでワインを楽しむスローライフ日記-F1000844.jpg


  チーン!


 「お、できたぞ!」


急いでオーブンから出しました


ログハウスでワインを楽しむスローライフ日記-F1000851.jpg

ちょっと早すぎじゃないのか?


ログハウスでワインを楽しむスローライフ日記-F1000850.jpg


と妻に言われたので、もう一度

アルミホイルをはずした状態で

10分ほど焼くことにしました。



そして、できあがりました!


ログハウスでワインを楽しむスローライフ日記-F1000852.jpg


私の撮影技術の貧弱さと

カメラが携帯では限界が、、、


せっかく美味しそうなのに…



さて、最初の一口はもちろん


ログハウスでワインを楽しむスローライフ日記-F1000854.jpg


母の仏壇にお供えしました。


ログハウスでワインを楽しむスローライフ日記-F1000855.jpg


そして、自分用にとります。


ログハウスでワインを楽しむスローライフ日記-F1000856.jpg


パクっと一口食べてみる。


「お!このソースの味こそ、

 母の作ってたラザニアだ!」 


「確かにそうだな!」と喜ぶ父。



イタリアンのラザニアと一緒に

イタリアの赤ワインにしました。


ログハウスでワインを楽しむスローライフ日記-F1000859.jpg



ワインがよく合って美味しく、

ラザニアがどんどん進みます。


ログハウスでワインを楽しむスローライフ日記-F1000860.jpg


思わず、2本目の赤ワイン、

続けてあけてしまいました。


ログハウスでワインを楽しむスローライフ日記-F1000863.jpg


いい気分になった私は仏壇に

行き、母にも一杯入れました。


ログハウスでワインを楽しむスローライフ日記-F1000862.jpg

母が愛用してたグラスに入れて。



結局、昨夜作ったラザニアは

一晩で全部食べてしまった。


(摂取カロリー、やばすぎ!)



さて、お袋の味の再現は

どうだったかというと、



ソースの味は同じでしたが、

どうやら、母は最初のレシピ

から少しアレンジをしていた

ようでちょっと違っていました。



まず、パスタの量が違って

いて、もっと大量にどっさり

入れていた気がします。


(大盛り好きの私向け!?)



あとは、具にソーセージ

(ミートボール?)など、

もっといろいろと入って

いたような気がします。



「母の作ってたラザニア

 なぜか思い出せない!」



きっと、いつでも食べられる

料理だと思って何も考えずに

バクバクと食べていたからだ。


今更後悔しても仕方ないが…



こうなったら、母の残したレシピ

を元に自分たちのラザニアを

作っていくしかありませんね。



新しい「家庭の味」となります。





ところで、タイトルの話。



以前イタリアに行った時に、

現地に住んでる方に私が


「本場イタリアの美味しい

 ラザニアが食べてみたい。

 どこのレストランがいい?」


と聞いたところ、彼女に


「レストランのラザニア

 なんかよりも、普通の

 家に行って食べさせて

 もらった方がいいよ。

 だって、ラザニアは

 家庭料理だからさ。」


そう言われました。



日本料理でいうところの

 「味噌汁」

のようなものでしょうかね?



お袋の味である、今回の

 「ラザニア」


これこそが本場イタリアの

ラザニアなんじゃないのか?


私はそう思ったので、


「本場イタリアン」


とタイトルをつけてみました。




違ってたらゴメンナサイ。




広告
プロフィール

kumo

Author:kumo
お酒はビールとワインが好きで、美味しいものと一緒にお酒をワイワイ飲むことが何よりの楽しみな30代半ばのオヤジです。

まだまだワインは勉強始めたばかりでよくわかってませんが、なるべく安くあげて楽しく飲めればいいなぁと思ってます。

このブログは、比較的初心者の私が手軽で安いワインを如何にして身近な簡単料理と楽しんでいくかについて書いていきたいと思ってます。

一番最初の記事の自己紹介に書いてますが、私は料理を全くやらない人間でした。でもワインを安く楽しむには自分で料理を作らなければ!と気づき、頑張ってみることにしました。料理についてはレシピというよりは、初心者の人間が作るとどんな大変さがあるかなど奮闘記みたいな感じに書いています。

本物のワイン好きやグルメの人が見たら何と言われるか分かりませんが、私なりのワインの楽しみ方を紹介していきますね。

ワインに対してどれくらいお金を出すかという私の価値観ですが、現状はこんな感じです。

①普段飲みのワイン
 →500~1500円くらい
②ちょっと奮発!
 →2000~3000円くらい
③たまにいいワインを!!
 →5000円~くらい
④かなり奮発!!!
 →8000円くらい

ワインに対する価値観は人それぞれ違うと思いますが、今の私が無理なく楽しもうと思うと、こんなところです。

こんな私ですが、フィーリングの合う方に見ていただけたら嬉しいです。

まだまだ未熟者ですので、ワインについてのアドバイスや安く美味しく飲めるお得な情報をいただけたら嬉しいです。

宜しくお願いします。(^-^)

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。