HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイトワイン会  »  ワイン会@遠藤利三郎商店 PART5(2つ目の白ワインの正解)
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
遠藤利三郎商店でのワイン会の話の続きです。

前回までの話は「ワイン会@遠藤利三郎商店 PART4(2つ目の白ワイン)」をご覧下さい。


第3の課題
「2つ目の白ワインの品種は何か?」

私がまず樽香を感じて発した言葉が「紹興酒っぽい!」でした。

そしてこれはシャルドネなんじゃないの?と予想してました。

店長の解答コメントを聞いていって

「まずは、このワインを飲んでシャルドネを思い浮かばなかった人は勉強不足ですね。」

と言われ、

「お!当たりか!?」

と思ってたら、甘かったです!

このワインはそんな単純なものではなかったようです。

続けて店長の口から出た言葉。

「シャルドネにしてはわずかに青っぽい香りを感じませんでしたか?」

え?そうなんですか?
残念ながら私は全く感じません…

と思ってたら、どうやら最初に注がれた時にしか感じられない微妙な香りだったそうです。

「てことはソーヴィニョンブランか!?」

確か前のワイン会で、紹興酒のような私の嫌いな樽香のするソーヴィニョンブラン100%のワインを飲んだような気がしました。
(フランスのどっかだったような…?)

皆も同じように思ったみたいで

「じゃ、ソーヴィニョンブラン!?」

とざわつき始めたところで再び店長からコメントが…

「ソーヴィニョンブランだとすると、フランスのボルドーの白ワインでちょっと長めに熟成したものはそういう香りが出てくることありますね。」

そうだったのか!

「そっかぁ、ボルドーの白だったのかぁ!」

みんな少しスッキリした表情になりました。

ところが、店長のコメントはまだ終わってなくて続きました。

店長「にしては…」

皆 「え!?まだあるの?」

店長「ボディー感が足りなくないですか?」

皆 「ボディー感!?」

店長「ワインのエキス分に対してちょっと樽が強くないですか?」

皆 「まぁ、言われてみればそうかな…」

店長「じゃ、なぜここまで樽香をつける必要があったのか?」

皆 「……」

店長「それはメジャー産地じゃないからということが考えられます。」

皆 「え?どこどこ?」

店長の話によると、最近有名産地では樽香を「これでもか!」とつけるのを排除する動きになってるらしいです。

樽香をつけてパンチを効かせると「一口飲んで美味しいワイン」になるらしいのですが、最近は「じっくり飲み続けて美味しいワイン」の方が好まれているようで、後者にシフトしていってるようです。

一年かけて頑張って作ったブドウの旨味を消すような樽香はやめよう!という考えですね。

「じゃ、チリか!?」

勝手な思い込みでそう思った私でしたが、答えは意外な国でした。

店長「これは日本のワインです。」

皆 「え!?」

店長「山梨県の勝沼のワインで品種は甲州です。」

こちらのワインです。

2つ目の白ワインのラベル


ついでに裏面も。

2つ目の白ワイン(裏面)

いや~、奥が深かったですね。


今回はワインの解説が長くなったのでこれくらいにします。

次からは赤ワインの部に突入します。
スポンサーサイト
NEXT Entry
ゴルフ後の親子バーベキュー
NEW Topics
世田谷線の電車が可愛い!
丸安 田中屋のチーズケーキ
地元産の野菜と肉が半額!
朝の気温はマイナス13度!?
御神渡りを見に諏訪湖へ
蓼科企画さんと鰻小林へ
バッタ(虫)のソフトクリーム
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
広告
プロフィール

kumo

Author:kumo
お酒はビールとワインが好きで、美味しいものと一緒にお酒をワイワイ飲むことが何よりの楽しみな30代半ばのオヤジです。

まだまだワインは勉強始めたばかりでよくわかってませんが、なるべく安くあげて楽しく飲めればいいなぁと思ってます。

このブログは、比較的初心者の私が手軽で安いワインを如何にして身近な簡単料理と楽しんでいくかについて書いていきたいと思ってます。

一番最初の記事の自己紹介に書いてますが、私は料理を全くやらない人間でした。でもワインを安く楽しむには自分で料理を作らなければ!と気づき、頑張ってみることにしました。料理についてはレシピというよりは、初心者の人間が作るとどんな大変さがあるかなど奮闘記みたいな感じに書いています。

本物のワイン好きやグルメの人が見たら何と言われるか分かりませんが、私なりのワインの楽しみ方を紹介していきますね。

ワインに対してどれくらいお金を出すかという私の価値観ですが、現状はこんな感じです。

①普段飲みのワイン
 →500~1500円くらい
②ちょっと奮発!
 →2000~3000円くらい
③たまにいいワインを!!
 →5000円~くらい
④かなり奮発!!!
 →8000円くらい

ワインに対する価値観は人それぞれ違うと思いますが、今の私が無理なく楽しもうと思うと、こんなところです。

こんな私ですが、フィーリングの合う方に見ていただけたら嬉しいです。

まだまだ未熟者ですので、ワインについてのアドバイスや安く美味しく飲めるお得な情報をいただけたら嬉しいです。

宜しくお願いします。(^-^)

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。