HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト大好きなワイン  »  ワイン学校の授業の復習 PART8
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前回の記事は「ワイン学校の授業の復習 PART7 」をご覧ください。


PART8は「ロゼ・ワインの造り方」です。



■ロゼは何色のワインか?


ロゼとはフランス語を直訳すると「バラ色」ということになる。

バラ色とは、「明るいくれない色、淡紅色」。つまりピンクである。

英語圏の国では、「ピンク・ワイン」とも呼ぶようになってきた。


「ピンク」や「バラ色」以外の色で呼ばれるロゼワインもある。


フランスの「Vin Gris(ヴァン・グリ)」は直訳すると「灰色ワイン」。

フランスの一部の地方で造られた色の薄いロゼをこう呼ぶ。


カリフォルニアにもヴァン・グリと同じようなものがある。

カリフォルニアでは「Blush Wine(ブラッシュ・ワイン)」という。

英語でBlush(ブラッシュ)とは、「紅潮した」という意味。

ただし、カリフォルニアでは薄甘口のロゼワインだけをこう呼ぶ。
辛口の場合は、カリフォルニアでもヴァン・グリと呼ぶ。

 (ややこしい!!)



■ロゼ・ワインの醸造法


(1)セニエ法

赤ワインの醸造フローに似ている。

除梗・破砕した黒ブドウを発酵タンクに入れて、数時間~2日程度おく。

軽く色付く程度のマセラシオンを行ったのちに、タンクから液体を抜く。

セニエとは「血抜き」という意味で、最も一般的なロゼ・ワインの製法。

直接圧搾法と比べると、色が濃く、タンニンが強いのが特徴。


(2)直接圧搾法

白ワインの醸造フローに似たロゼ・ワインの製法。

黒ブドウを除梗・破砕して、プレス機に入れる。(ここは白ワインと同じ)

プレス機に入れたらすぐに圧力をかけて搾り出す。

うっすら色付いた果汁が得られるので、それをアルコール発酵させる。

短いマセラシオンと、プレスの圧で色素とタンニンがわずかに抽出される。

直接圧搾法で造られたロゼワインの代表的なのは次の2つ。

フランスのヴァン・グリ、カリフォルニアのブラッシュ・ワイン。

(3)ブレンド法
白ワインに少量の赤ワインを足してロゼ・ワインを造る方法。

ヨーロッパの高級ワインでは禁止されている製法。

唯一許可されているのが、シャンパーニュのスパークリングワイン

シャンパーニュ地方のスパークリングワインは技術的に難しいから。

(安定した色のロゼを造ることができない。→ロゼは色が命だから!)

この方法で造られた安価なロゼ・ワインは味のまとまりがない。

シャンパーニュではブレンド後に長期間の熟成を行うので味が馴染む。



■代表的なロゼ・ワイン


(1)アンジューのロゼ Anjou

ロワール地方はプロヴァンス地方と並ぶ、ロゼの産地である。

その中でもロゼのメッカがアンジューという生産地区。

最も有名なのが「ロゼ・ダンジュー」。

品種はグロロー種が主体で、中甘口である。

製法はセニエ法と直接圧搾法の両方が使われている。



(2)タヴェル・ロゼ Tavel

コート・デュ・ローヌ地方南部のワインで、「ロゼの王」と呼ばれている。

タヴェルは生産地区の名前であり、ここではロゼしか造られてない。

品種はグルナッシュが主体で、辛口である。

色も比較的濃く、ロゼにしては飲み応えのある力強いスタイル。

製法はセニエ法と直接圧搾法の両方が認められている。



(3)マルサネ・ロゼ Marsannay

マルサネはブルゴーニュ地方コート・ド・ニュイ地区の最北部にある村。

赤も白も造っているが、ロゼワインが一番有名。品種はピノ・ノワール
溌剌としたチャーミングな辛口である。製法はセニエ法。


(4)プロヴァンス地方のロゼ Provence

プロヴァンス地方は、生産量の7割以上がロゼという特異な産地。

当地の辛口ロゼ・ワインは地中海の避暑地の観光上の目玉となってる。

品種はグルナッシュ主体で、辛口

同じく辛口のタヴェルと比べると比較的軽いものが多い。


(5)シャンパーニュ・ロゼ

ロゼ=お値頃という原則はシャンパーニュにはあてはまらない。

ロゼ・シャンパーニュは非常に高価。

同メーカーの白のシャンパーニュの倍以上の値段がつくこともある。

(こういう高価なワインは私には関係なさそうなので、ここは飛ばす!)


(6)スペインのロゼ Spain

スペインでは、ロゼはRosado(ロサード)と呼ばれている。

非常に辛口で、ほとんどは直接圧搾法で造られている。

品種はガルナッチャが主体。(フランスのグルナッシュと同じ)
スペインのロゼとして名高いのはNavarra(ナバラ)地区


(7)マテウス・ロゼ Mateus

ポルトガルが誇る大ベストセラーのロゼ。

ボックスボイテル型のボトルが有名。

ソグラペ社が所有するブランドで、年間生産量は3500万本を超える

微炭酸の中甘口で、ワインビギナーにはうってつけの風味である。



(8)ホワイト・ジンファンデル White Zinfandel

ジンファンデルから造られてたブラッシュ・ワイン。

(ジンファンデルはアメリカを代表する黒ブドウ品種。)

直接圧搾法で造られることが多いため、色はごく淡いピンク色

中甘口で、多くは微発砲性である。



(9)クレレ Clairet

主にボルドー地方で作られている非常に色の淡い赤ワイン

(濃い赤ワインを造る副産物としてとれる果汁を使って造るらしい。)




■先生のワンポイントアドバイス

中華料理やエスニック料理とロゼワインはよく合うそうです。

ロゼはコストパフォーマンスがいい、とのことでした。


スポンサーサイト
NEXT Entry
ワイン学校の授業の復習 PART9
NEW Topics
世田谷線の電車が可愛い!
丸安 田中屋のチーズケーキ
地元産の野菜と肉が半額!
朝の気温はマイナス13度!?
御神渡りを見に諏訪湖へ
蓼科企画さんと鰻小林へ
バッタ(虫)のソフトクリーム
Comment
166
1 ■ふむふむ~
電車の中で読んでます(^o^)/。勉強になるよ。教科書読むよりいいかもね。 てか明日テストじゃん(-д-;)。終わってない…。

167
2 ■おいらも…
>MIUさん

あら、珍しい人がコメントを
おいらも終わってないよ…
ブログ見たらわかるよね
最終の19回までまだ半分だよ

Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
広告
プロフィール

kumo

Author:kumo
お酒はビールとワインが好きで、美味しいものと一緒にお酒をワイワイ飲むことが何よりの楽しみな30代半ばのオヤジです。

まだまだワインは勉強始めたばかりでよくわかってませんが、なるべく安くあげて楽しく飲めればいいなぁと思ってます。

このブログは、比較的初心者の私が手軽で安いワインを如何にして身近な簡単料理と楽しんでいくかについて書いていきたいと思ってます。

一番最初の記事の自己紹介に書いてますが、私は料理を全くやらない人間でした。でもワインを安く楽しむには自分で料理を作らなければ!と気づき、頑張ってみることにしました。料理についてはレシピというよりは、初心者の人間が作るとどんな大変さがあるかなど奮闘記みたいな感じに書いています。

本物のワイン好きやグルメの人が見たら何と言われるか分かりませんが、私なりのワインの楽しみ方を紹介していきますね。

ワインに対してどれくらいお金を出すかという私の価値観ですが、現状はこんな感じです。

①普段飲みのワイン
 →500~1500円くらい
②ちょっと奮発!
 →2000~3000円くらい
③たまにいいワインを!!
 →5000円~くらい
④かなり奮発!!!
 →8000円くらい

ワインに対する価値観は人それぞれ違うと思いますが、今の私が無理なく楽しもうと思うと、こんなところです。

こんな私ですが、フィーリングの合う方に見ていただけたら嬉しいです。

まだまだ未熟者ですので、ワインについてのアドバイスや安く美味しく飲めるお得な情報をいただけたら嬉しいです。

宜しくお願いします。(^-^)

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。