HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト大好きなワイン  »  ワイン学校の授業の復習 PART14
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前回の記事は「ワイン学校の授業の復習 PART13


PART14は「フランスの銘醸地をめぐる」でした。


ちょうど母が亡くなった直後で、唯一欠席してしまった授業です。

(ここは先週の勉強会で友達に重要そうなところを聞いただけです。)



■フランスのワイン法


フランスでは、歴史あるワイン産地の高級ワインを法律で保護している。

その法律体系のことを原産地統制呼称法/A.O.C法という。

 A.O.C : Appellation d'Origne Controlee

 アペラシオン・ドリジーヌ・コントローレ(原産地統制呼称という意味)


A.O.C法を管轄しているのは国立原産地呼称研究所I.N.A.Oという組織。

 I.N.A.O : Institut National des Appellations d'Origine

 アンスティテュ・ナショナル・デ・ザペラシオン・ドリジーヌ(略称「イナオ」)


<A.O.C法の2つの柱>

(1)高名なワイン産地の名を使用していい地理的境界線を法律で定めること。

(2)その呼称を使うブドウ畑で作られるワインについて、

ワインの使用可能品種、ブドウ栽培方法、ワイン醸造方法を事細かに定めること。



<4つの等級>
A.O.C法で規制するワインをフランスで最高の位に据えつつ、

その選に漏れたワイン産地やワインにも等級を与えている。

次の4つのピラミッドに分類されている。(上の方が規制が厳しい。)

 (1)A.O.C (Appellation d'Origne Controlee)

 (2)A.O.V.D.Q.S (Appellation d'Origne Vin Delimite de Qualite Superieure)

 (3)V.d.P (Vins de Pays)

 (4)V.d.T (Vins de Table)


(1)と(2)の上2つは法律のコンセプトとしては、ほぼ同じである。

この2つからなるグループを「指定地域優良ワイン(V.Q.P.R.D)」と呼ぶ。

(3)と(4)の下2つは「テーブルワイン(Vins de Table)」と呼ばれるグループ。

これはV.Q.P.R.Dのような細かい取り決めはなく、最低限の規制だけがされている。



■フランスの主要産地


時間ないので、教科書でなくKITA姉さんからもらったメモの内容を覚える。


(1)ボルドー

 白:SB、セミヨン

 赤:CS、CF、メルロ (必ずブレンド)


(2)ブルゴーニュ

 白:シャルドネ

 赤:PN、ガメ (ほぼ単独で)


(3)シャンパーニュ(スパークリング)

 白:シャルドネ

 赤:PN、ピノムニエ (ブレンド)


(4)コート・ドュ・ローヌ

 白:ヴィオニエ、マルサンス、ルーサンス

 赤:シラー、グルナッシュ (ブランドが複雑)


(5)ロワール

 白:ミュスカデ、SB、CB(シュナンブラン)

 赤:PN、CF


(6)アルザス →エレガントな白

 白:リースリング、ピノグリ、ゲヴェルツトラミネール

 赤:PN



スポンサーサイト
NEXT Entry
ワイン学校の授業の復習 PART15
NEW Topics
世田谷線の電車が可愛い!
丸安 田中屋のチーズケーキ
地元産の野菜と肉が半額!
朝の気温はマイナス13度!?
御神渡りを見に諏訪湖へ
蓼科企画さんと鰻小林へ
バッタ(虫)のソフトクリーム
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
広告
プロフィール

kumo

Author:kumo
お酒はビールとワインが好きで、美味しいものと一緒にお酒をワイワイ飲むことが何よりの楽しみな30代半ばのオヤジです。

まだまだワインは勉強始めたばかりでよくわかってませんが、なるべく安くあげて楽しく飲めればいいなぁと思ってます。

このブログは、比較的初心者の私が手軽で安いワインを如何にして身近な簡単料理と楽しんでいくかについて書いていきたいと思ってます。

一番最初の記事の自己紹介に書いてますが、私は料理を全くやらない人間でした。でもワインを安く楽しむには自分で料理を作らなければ!と気づき、頑張ってみることにしました。料理についてはレシピというよりは、初心者の人間が作るとどんな大変さがあるかなど奮闘記みたいな感じに書いています。

本物のワイン好きやグルメの人が見たら何と言われるか分かりませんが、私なりのワインの楽しみ方を紹介していきますね。

ワインに対してどれくらいお金を出すかという私の価値観ですが、現状はこんな感じです。

①普段飲みのワイン
 →500~1500円くらい
②ちょっと奮発!
 →2000~3000円くらい
③たまにいいワインを!!
 →5000円~くらい
④かなり奮発!!!
 →8000円くらい

ワインに対する価値観は人それぞれ違うと思いますが、今の私が無理なく楽しもうと思うと、こんなところです。

こんな私ですが、フィーリングの合う方に見ていただけたら嬉しいです。

まだまだ未熟者ですので、ワインについてのアドバイスや安く美味しく飲めるお得な情報をいただけたら嬉しいです。

宜しくお願いします。(^-^)

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。