HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト大好きなワイン  »  ワイン学校の授業の復習 PART16
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前回の記事は「ワイン学校の授業の復習 PART15


PART16は「イタリアの銘醸地をめぐる」


■気候とワインのスタイル

フランスより低い緯度にあるため、気候が穏やかで、赤ワイン生産に向く。

年間を通じて温暖かつ乾燥した地中海気候である。

アルプス山脈の麗に位置する北部は冷涼な気候で白ワインに向く。

全般にアルコールや果実味の強いスタイルのワインが多い。

(ただし、アメリカやオーストラリアなどの新世界ほどではない)



■イタリアのワイン法


<4段階のピラミッド>

(1)D.O.C.G. (Denominazione di Origine Controllata e Garantita)

(2)D.O.C. (Denominazione di Origine Controllata)

(3)I.G.T. (Indicazione Geografica Tipica)

(4)V.d.T. (Vino da Tavola)


※(1)と(2)はV.Q.P.R.D、(3)と(4)はVin de Table。



■イタリアの主要品種


(1)ネビオーロ (黒)

非常に渋みが強いのが特徴。

酸味もアルコールも強いため、非常にスケールの大きいワインとなる。

D.O.C.G.バローロやD.O.C.G.バルバレスコなどが有名。


(2)バルベーラ (黒)

酸と果実味が強く、渋味が穏やかなスタイルのワインとなる。

D.O.C.バルベーラ・ダスティやD.O.C.バルベーラ・ダルバが有名。


(3)サンジョヴェーゼ (黒)

イタリア最大の栽培面積を誇る品種。

酸、タンニン、果実味のバランスがよくとらたしなやかなワインとなる。

D.O.C.G.キアンティ・クラッシコやD.O.C.G.ブルネッロ・ディ・モンタルチーノなどが有名。


(4)トレッビアーノ (白)

フランスのユニ・ブランと呼ばれている品種と同じ。


(5)モスカート・ビアンコ (白)

ピエモンテ州のアスティAstiで作られる中甘口のスパークリングワインで有名。


(6)コルテーゼ (白)

Gaviというワインが有名。


(7)ガルガネーガ (白)

Soaveというワインが有名。



■イタリアの主要産地


(1)ピエモンテ州

赤ワインは…

D.O.C.G.バローロ、

D.O.C.G.バルバレスコ、

D.O.C.バルベーラ・ダスティ、

D.O.C.バルベーラ・ダルバなどが有名。

白ワインは…

コルテーゼから造られるD.O.C.G.ガヴィが有名。


(2)ヴェネト州

白ワインは…

ガルガーネガから造られるD.O.C.G.ソアーヴェが有名。

赤ワインは…

コルヴィーナを主体に造られるバルドリーノが有名。

(バルドリーノは一部がD.O.C.G.で残りはD.O.C.である。)

(3)トスカーナ州

サンジョヴェーゼを用いたワインがとにかく有名。

D.O.C.G.キアンティ・クラッシコ

D.O.C.G.ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ

D.O.C.G.ヴィーノ・ノビレ・ディ・モンテプル

などが有名。


(4)カンパーニャ州

赤ワインのD.O.C.G.タウラージが有名。



■代表的なラベル表示用語


(1)クラシコ Classico

歴史あるワイン産地地区の中にあるオリジナルの地域をあらわす。


(2)リゼルヴァ Riserva

ワインが古いという意味で、熟成期間が長いことをあらわす。


(3)スペリオーレ Superiore

アルコール度数が高いということをあらわす。


(4)パッシート Passito/レチョート Recioto

干しブドウから造られた甘口ワインを示す言葉。

パッシートは一般的な言い方。

ヴェネト州だけがレチョートと呼んでいる。















スポンサーサイト
NEXT Entry
ワイン学校の授業の復習 PART17
NEW Topics
世田谷線の電車が可愛い!
丸安 田中屋のチーズケーキ
地元産の野菜と肉が半額!
朝の気温はマイナス13度!?
御神渡りを見に諏訪湖へ
蓼科企画さんと鰻小林へ
バッタ(虫)のソフトクリーム
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
広告
プロフィール

kumo

Author:kumo
お酒はビールとワインが好きで、美味しいものと一緒にお酒をワイワイ飲むことが何よりの楽しみな30代半ばのオヤジです。

まだまだワインは勉強始めたばかりでよくわかってませんが、なるべく安くあげて楽しく飲めればいいなぁと思ってます。

このブログは、比較的初心者の私が手軽で安いワインを如何にして身近な簡単料理と楽しんでいくかについて書いていきたいと思ってます。

一番最初の記事の自己紹介に書いてますが、私は料理を全くやらない人間でした。でもワインを安く楽しむには自分で料理を作らなければ!と気づき、頑張ってみることにしました。料理についてはレシピというよりは、初心者の人間が作るとどんな大変さがあるかなど奮闘記みたいな感じに書いています。

本物のワイン好きやグルメの人が見たら何と言われるか分かりませんが、私なりのワインの楽しみ方を紹介していきますね。

ワインに対してどれくらいお金を出すかという私の価値観ですが、現状はこんな感じです。

①普段飲みのワイン
 →500~1500円くらい
②ちょっと奮発!
 →2000~3000円くらい
③たまにいいワインを!!
 →5000円~くらい
④かなり奮発!!!
 →8000円くらい

ワインに対する価値観は人それぞれ違うと思いますが、今の私が無理なく楽しもうと思うと、こんなところです。

こんな私ですが、フィーリングの合う方に見ていただけたら嬉しいです。

まだまだ未熟者ですので、ワインについてのアドバイスや安く美味しく飲めるお得な情報をいただけたら嬉しいです。

宜しくお願いします。(^-^)

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。