HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト大好きなワイン  »  ワイン学校の授業の復習 PART19
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前回の記事は「ワイン学校の授業の復習 PART18


これで最終回です。


PART19 「ボルドー(壮麗な城館が生む偉大なワイン)」



■ボルドー概論


ボルドー地方は、フランス南西部に位置し、大西洋に面した産地。

海洋性気候

→年間を通じて気候は穏やかで、海に近いため比較的湿度は高い。


ボルドー地方はブルゴーニュ地方と比べて…

 地方全体の生産量も生産者1軒あたりの生産量も多いのが特徴。


多くの生産者は以下の2種類のワインしか造らない。

 ・グラン・ヴァンと呼ばれる最上級品

 ・スゴン・ヴァンという格下げしたロットから造るB級品


ボルドー地方は「貴族的」な産地とよく言われる。


<ブルゴーニュ地方の造り手>

オーバーオールや作業服を着た「農夫」。

オーナー自ら畑やセラーで汗を流す。


<ボルドー地方の有名生産者>

仕立てのよいスーツで身を固めている。

大規模生産者の場合、オーナーが現場の仕事をすることはない。




■ボルドーのA.O.C.の階層構造


ブルゴーニュと同じ階層構造をもっているが、少し違う。

ブルゴーニュ地方に見られるような「畑」のA.O.C.はない。

村名A.O.C.が最上位にくる。


(1)村名ワイン

 例)Pauillac、Saint-Julienなどの村の名前。


(2)地区名ワイン

 例)Graves、Haut-Medocなどの地区の名前。


(3)地方名ワイン

 例)Bordeauxなどの地方名。



■主要ブドウ品種


(1)カベルネ・ソーヴィニヨン (黒)

(2)メルロ (黒)

(3)カベルネ・フラン (黒)

(4)セミヨン (白)

(5)ソーヴィニヨン・プラン (白)



■ボルドー地方の生産地区


(1)メドック地区 Medoc

ジロンド河の左岸に位置する。土壌は砂利質

CS主体の重厚な赤ワインが有名。


(2)グラーヴ地区 Graves

ガロンヌ河の左岸に位置する。土壌は砂利質

CS主体の重厚な赤ワイン、SBとセミヨンをブレンドした高級辛口白ワインが有名。

最北部はぺサック・レオニャンという村名A.O.C.になっている。

ぺサック・レオニャンには有名シャトーが集中してる


(3)ソーテルヌ地区 Sauternes

ガロンヌ河の左岸に位置する。

セミヨン主体の貴腐ワインに生産を特化させた特殊な産地。

地区内を流れるシロン河が貴腐現象の発生にいい気候条件を生み出している。


(4)サンテミリオン地区 Saint-Emilion

ドルドーニョ河の右岸に位置する。土壌は粘土石灰質

メルロ主体のふくよかな赤ワインができる。


(5)ポムロール地区 Pomerol

ドルドーニョ河の右岸に位置する。土壌は粘土石灰質

サンテミリオン地区の西にあたる小さなエリア。

メルロ主体の凝縮感に富んだワインができる。



■シャトーの格付け


(1)メドック地区の格付け

1級から5級に分類されている


<左岸の5大シャトー>

 ・シャトー・ラフィット・ロートシルト

 ・シャトー・マルゴー

 ・シャトー・ラトゥール

 ・シャトー・ムートン・ロートシルト

 ・シャトー・オー・ブリオン ←これだけグラーヴ地区


(2)ソーテルヌ地区の格付け

特1級、1級、2級の3階層

最も有名なのは、特1級に唯一選ばれたシャトー・ディケム。


(3)グラーヴ地区の格付け

等級はない。(1つの級しかない)

 ・赤ワインのみ格付けされているシャトー

 ・白ワインのみ格付けされているシャトー

 ・赤、白両方が格付けされているシャトー

の3種類がある。


(4)サンテミリオン地区の格付け

 ・特1級特級格付けA級、

 ・第1級特級格付けB級、

 ・特級格付け

の3等級に分かれる。


(5)格付けのないポムロール地区

ボルドー地区で唯一公的な格付けがない。



■赤ワインの熟成


(1)概観の変化

赤ワインは、熟成が進むほど、色が淡くなっていく

熟成するにつれて色素量が減っていく。

最終的には、ブランデーのような琥珀色になる。


(2)香りの変化

熟成するにつれて、フレッシュな香りは弱くなっていく。

その代わり、瓶内熟成に由来する複雑な香りになる。

ドライフルーツ、キノコ、腐葉土、なめし革などの要素が感じられるようになる。


(3)味わいの変化

熟成するにつれて、若々しい果実味が減る。

複雑で玄妙な味のまとまりがでてくる。



ふ~、なんとか間に合ったぁ!

試験は本日の19時からです。

これから出かける支度して、学校に向かいます。


スポンサーサイト
NEXT Entry
母と一緒にいられる最後の一日
NEW Topics
世田谷線の電車が可愛い!
丸安 田中屋のチーズケーキ
地元産の野菜と肉が半額!
朝の気温はマイナス13度!?
御神渡りを見に諏訪湖へ
蓼科企画さんと鰻小林へ
バッタ(虫)のソフトクリーム
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
広告
プロフィール

kumo

Author:kumo
お酒はビールとワインが好きで、美味しいものと一緒にお酒をワイワイ飲むことが何よりの楽しみな30代半ばのオヤジです。

まだまだワインは勉強始めたばかりでよくわかってませんが、なるべく安くあげて楽しく飲めればいいなぁと思ってます。

このブログは、比較的初心者の私が手軽で安いワインを如何にして身近な簡単料理と楽しんでいくかについて書いていきたいと思ってます。

一番最初の記事の自己紹介に書いてますが、私は料理を全くやらない人間でした。でもワインを安く楽しむには自分で料理を作らなければ!と気づき、頑張ってみることにしました。料理についてはレシピというよりは、初心者の人間が作るとどんな大変さがあるかなど奮闘記みたいな感じに書いています。

本物のワイン好きやグルメの人が見たら何と言われるか分かりませんが、私なりのワインの楽しみ方を紹介していきますね。

ワインに対してどれくらいお金を出すかという私の価値観ですが、現状はこんな感じです。

①普段飲みのワイン
 →500~1500円くらい
②ちょっと奮発!
 →2000~3000円くらい
③たまにいいワインを!!
 →5000円~くらい
④かなり奮発!!!
 →8000円くらい

ワインに対する価値観は人それぞれ違うと思いますが、今の私が無理なく楽しもうと思うと、こんなところです。

こんな私ですが、フィーリングの合う方に見ていただけたら嬉しいです。

まだまだ未熟者ですので、ワインについてのアドバイスや安く美味しく飲めるお得な情報をいただけたら嬉しいです。

宜しくお願いします。(^-^)

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。