HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト大好きな飲食  »  松坂牛大トロフレーク丼
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一昨日公開したつもりが

されてなかったみたいです。


「松坂牛大トロフレーク」を

妻が取り寄せていたようで、

今日のお昼に食べてみました。


注文すると冷凍で届いてきます。


こんな入れ物に入ってました。
東京でプチスローライフ-松坂牛大トロフレーク


ラベルはこんな絵。
東京でプチスローライフ-ラベル


松坂牛肉証がついてました。
東京でプチスローライフ-松坂牛肉証


作り方の説明書もついてます。
東京でプチスローライフ-説明の紙


凍ってるので、少しほぐす。

script_ameba_vision_movie,http://visionmovie.ameba.jp/mcj.php?id=.7s52qg75nW:bhbV:Nk:ca:xzqft21qtrT3ef7/xmLbmeXWTjgKJUd:Dx_G:x1:OO:VM2kJIXaWHV2ghckOmiMq/&width=320&height=240&skin=gray


こぼしてしまい

「ぎゃ~!」

とほえる妻。

script_ameba_vision_movie,http://visionmovie.ameba.jp/mcj.php?id=.7s52qg75nW:bhbV:Nk:ca:z6_yn_j519FUVf7/xmLbmeXWTlgKJUd:Dx_G:x1:OO:XTL3DSFpeZHTXhckOmiMq/&width=320&height=240&skin=gray

「もったいなか~」

(妻の田舎は熊本だから?)


「撮ってないでやりなさい!」

と怒られ、私に交代。


同じようにこぼしてしまった私、

パクッと一口食べてみました。


 「お!?」


食べた瞬間、溶けて

口の中に広がります。


 「う、うまい!」


思わず、口にしてしまいました。


 「でしょ!?」


と満足気な妻の顔。


冷凍したお肉が溶けてしまうので、

遊んでる場合ではありません。


すぐに食べる用意をしました。


どんぶりにご飯を用意し、
東京でプチスローライフ-丼にご飯を盛り


大トロフレークをスプーンで
東京でプチスローライフ-大トロフレークをすくい


ふりかけてやり、
東京でプチスローライフ-ご飯にかける


ご飯にのせます。
東京でプチスローライフ-大トロフレークがご飯に


瓶に入ってるお肉を全部かけて

しまおうとしたら、妻に怒られる。

「そんなにかけなくていい!」と。


刻んでおいたしそと、
東京でプチスローライフ-刻んだしそ


ねぎをかけて完成です。
東京でプチスローライフ-完成


ご飯に大トロフレークをのせると

だんだんお肉が溶けてきます。
東京でプチスローライフ-溶けてくる大トロフレーク
下の赤くなってる部分が

溶けてきてるところです。



わさび醤油をかけて、
東京でプチスローライフ-わさび醤油をかけて


いただきま~す。
東京でプチスローライフ-いただきま~す

最初一口で感動!ラブラブ!


お肉がトロ~と溶けて

口の中に広がる旨味。

ご飯との相性も抜群!


脂がのっててこってり

美味しいお肉がまた

たまらないですね!


父も一口食べて

「ん!?こりゃ珍味だな!」

と大絶賛。


かなり脂がのってるので

この量でないときつい…


瓶のお肉を全部入れてたら、

大変なことになってました。

(気持ち悪くなったかも!?)


この瓶1つでどんぶり5杯分

が目安らしいですね。


1瓶3000円くらいらしいので

どんぶり1杯600円ですかね。


600円でこの味なら大満足!


結構有名らしいのですが、

私たちは初めてでした。


興味ある方は是非

食べてみて下さい。


スポンサーサイト
NEXT Entry
長野のログハウス購入までの話2
NEW Topics
世田谷線の電車が可愛い!
丸安 田中屋のチーズケーキ
地元産の野菜と肉が半額!
朝の気温はマイナス13度!?
御神渡りを見に諏訪湖へ
蓼科企画さんと鰻小林へ
バッタ(虫)のソフトクリーム
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
広告
プロフィール

kumo

Author:kumo
お酒はビールとワインが好きで、美味しいものと一緒にお酒をワイワイ飲むことが何よりの楽しみな30代半ばのオヤジです。

まだまだワインは勉強始めたばかりでよくわかってませんが、なるべく安くあげて楽しく飲めればいいなぁと思ってます。

このブログは、比較的初心者の私が手軽で安いワインを如何にして身近な簡単料理と楽しんでいくかについて書いていきたいと思ってます。

一番最初の記事の自己紹介に書いてますが、私は料理を全くやらない人間でした。でもワインを安く楽しむには自分で料理を作らなければ!と気づき、頑張ってみることにしました。料理についてはレシピというよりは、初心者の人間が作るとどんな大変さがあるかなど奮闘記みたいな感じに書いています。

本物のワイン好きやグルメの人が見たら何と言われるか分かりませんが、私なりのワインの楽しみ方を紹介していきますね。

ワインに対してどれくらいお金を出すかという私の価値観ですが、現状はこんな感じです。

①普段飲みのワイン
 →500~1500円くらい
②ちょっと奮発!
 →2000~3000円くらい
③たまにいいワインを!!
 →5000円~くらい
④かなり奮発!!!
 →8000円くらい

ワインに対する価値観は人それぞれ違うと思いますが、今の私が無理なく楽しもうと思うと、こんなところです。

こんな私ですが、フィーリングの合う方に見ていただけたら嬉しいです。

まだまだ未熟者ですので、ワインについてのアドバイスや安く美味しく飲めるお得な情報をいただけたら嬉しいです。

宜しくお願いします。(^-^)

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。