HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト家族(母の闘病生活)  »  ふき料理(フレンチドレッシングあえ)
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日の夕飯の話を書きます。



父が庭のふきを大量に採ってきてました。
東京でプチスローライフ-20100505160412.jpg

かなりたくさん採ってきたようです…
これはちょっとハリキリ過ぎでは!?


夕方、父がふきの料理を始めたので、
「俺もふき料理してみたいから教えて。」
と頼んだら、皮をむけと言われました。

既にふきは茹でていたようです。
流しに茹でたふきがありました。
東京でプチスローライフ-茹でたふき


このでっかい鍋で茹でたそうです。
東京でプチスローライフ-いつもふきを茹でる鍋
母もいつもこの鍋でやってたらしい。


親父が皮むきの見本を見せてくれて、
東京でプチスローライフ-父が見本を見せる

父 「こうやってむくんだ。


私 「楽勝だよ。やらしてみ!」


意気込んでやってみました。


ところが、やってみたら…


かなり面倒くさい…シラー

東京でプチスローライフ-意外と面倒くさい皮むき

むいた皮が手にまとわりつくしむかっ


10分でこれだけしか進まない。
東京でプチスローライフ-1本に3分かかってしまう

30分でこれしかできない。
東京でプチスローライフ-30分でまだこれだけ

結局40分でこれだけ。
東京でプチスローライフ-40分でこれだけ

ここで一旦中断しました。

流しにはまだこんなに残ってる…ガーン

東京でプチスローライフ-まだこんなに残ってる



しばらくあく抜きしてから、
父が切りはじめました。
東京でプチスローライフ-親父が切り始める

切ったふきを皿に盛って、
東京でプチスローライフ-切ったふき

ツナ缶をあけて、
東京でプチスローライフ-ツナをあけて

フレンチドレッシングを出して
東京でプチスローライフ-フレンチドレッシング

ツナに加えてました。
東京でプチスローライフ-ドレッシングを加える

さらに、パプリカも出して、
東京でプチスローライフ-パプリカ

ツナとドレッシングに加える。
東京でプチスローライフ-パプリカも加える

あとはそれを混ぜてかけるだけ。
東京でプチスローライフ-ふきにかけるだけ

これで完成だそうです。
東京でプチスローライフ-完成です

見た目も綺麗ですね。
東京でプチスローライフ-なかなか美味しそう

摘んだばかりなので、香りもよく

苦味もあって、春の味を満喫音譜

今夜は焼酎といただきました。
東京でプチスローライフ-焼酎のツマミにする

2人でこんなに食べてしまった。
東京でプチスローライフ-こんなに食べました


食後に日本茶を入れようとしたら、


父 「今夜はケーキがあるから

   紅茶かコーヒーにしよう。」


私 「あれ?今日なんか記念日?」


父 「今日は子供の日だから。」


私 「・・・」


(もう、やめてくれよ~汗

 30過ぎた息子なのに…)


と思ってしまった私。


父の買ってきたケーキ。

東京でプチスローライフ-食後のケーキ


でも、ちゃっかり、私の好きな

チョコケーキをいただきました。

東京でプチスローライフ-好きなチョコケーキをもらう


「少しお母さんにお供えしてきてくれ。」

と言う父。(なんだ母のためだったのか)


ケーキを少し切って母にお供えして、

紅茶と一緒に美味しくいただきました音譜

東京でプチスローライフ-紅茶と一緒にいただく

しかし、ふきの下準備がこんなに

大変だったとは知りませんでした。


母が生きてて元気だった頃、庭のふき

採っては、大量に料理してくれました。


こんなに面倒な作業があったとはなぁ、

きっと大変だったんじゃないかな…しょぼん


学生時代は飲み会が多くて、お金がなかった

私はよく母にお昼のお弁当をお願いしてました。


大学生にもなって、学食で食べるお弁当、

ちょっと恥ずかしかったのを覚えてます。


でも、お弁当に入ってたおかずで、一番

覚えているのが、このふきの料理です。


あの頃はなんとも思わず食べてました。

今となっては食べられないお袋の味です。


皆さん、お袋の味は大事にして下さいね。






スポンサーサイト
NEXT Entry
「御柱祭」上社里曳き PART3
NEW Topics
世田谷線の電車が可愛い!
丸安 田中屋のチーズケーキ
地元産の野菜と肉が半額!
朝の気温はマイナス13度!?
御神渡りを見に諏訪湖へ
蓼科企画さんと鰻小林へ
バッタ(虫)のソフトクリーム
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
広告
プロフィール

kumo

Author:kumo
お酒はビールとワインが好きで、美味しいものと一緒にお酒をワイワイ飲むことが何よりの楽しみな30代半ばのオヤジです。

まだまだワインは勉強始めたばかりでよくわかってませんが、なるべく安くあげて楽しく飲めればいいなぁと思ってます。

このブログは、比較的初心者の私が手軽で安いワインを如何にして身近な簡単料理と楽しんでいくかについて書いていきたいと思ってます。

一番最初の記事の自己紹介に書いてますが、私は料理を全くやらない人間でした。でもワインを安く楽しむには自分で料理を作らなければ!と気づき、頑張ってみることにしました。料理についてはレシピというよりは、初心者の人間が作るとどんな大変さがあるかなど奮闘記みたいな感じに書いています。

本物のワイン好きやグルメの人が見たら何と言われるか分かりませんが、私なりのワインの楽しみ方を紹介していきますね。

ワインに対してどれくらいお金を出すかという私の価値観ですが、現状はこんな感じです。

①普段飲みのワイン
 →500~1500円くらい
②ちょっと奮発!
 →2000~3000円くらい
③たまにいいワインを!!
 →5000円~くらい
④かなり奮発!!!
 →8000円くらい

ワインに対する価値観は人それぞれ違うと思いますが、今の私が無理なく楽しもうと思うと、こんなところです。

こんな私ですが、フィーリングの合う方に見ていただけたら嬉しいです。

まだまだ未熟者ですので、ワインについてのアドバイスや安く美味しく飲めるお得な情報をいただけたら嬉しいです。

宜しくお願いします。(^-^)

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。