HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト友人との楽しい話  »  結婚式の友人スピーチで話した内容
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

若干表現は違いますが、こんな感じで挨拶しました。

せっかくなんで、記念にここに残しておきます。




-------ここから-------


H君、Mちゃん、ならびにご両家のみなさま、本日は誠におめでとうございます。私はH君と中学・高校時代の友人のFと申します。


H君にどんなことを話して欲しいか聞いたところ「とにかく俺をもちあげろ!」といわれましたので、今日はまだ新郎は持ち上げてもらってないようですし私の方で精一杯持ち上げてみたいと思います。  


(理由はわからないけど、ここでなぜか笑い…)


H君を持ち上げるネタは沢山ありすぎて、どれを話したらいいか困ってしまいますが、中でも私が一番印象に残っているエピソードを一つお話させていただきます。


(この時、中・高友人の席から「チッチキ、チッチキ、・・・」とブーイングを浴びてしまった。この「チッチキ」とは我々の学校の方言で、「嘘つき」という意味なのです。まったく、あいつら… 



我々は中学・高校と寮生活をしていたのですが、私はこの寮生活で一番身を持って学んだのが、「時間厳守」の精神だなぁと思ってます。というのも我々は3度の食事は大きな食堂で食べていましたが、食事の時間にちょっとでも遅れてしまうと、自分の食べ物が他人に食べられてしまうという厳しい世界にいたのです。


そんな中、一番頭を悩ませていたのは朝食が「ブリトー」の時でした。

皆さん、ブリトーって食べ物ご存知ですか?クレープにハムとチーズが挟まったような食べ物で、コンビニでも200円くらいで売ってます。よかったら食べてみてください。


そのブリトーがかなりの人気メニューでちょっとでも寝坊すると食べられてしまうのです。


「そんなの朝起きればいいじゃないか」と思われるでしょうが、当時は12人の大部屋で、毎日が修学旅行のような夜だったため、我々は夜行性で朝は苦手だったのです。「みんなで起こし合おうね!」と前の晩に言ってても、結局誰も起きないのです。



そこで一役かってでてくれたのがH君でした。


ある日彼は「ブリトーのことは俺に任せとけ!」と言い出したのです。



彼はどうしたと思いますか? 



(私がH君に聞く) H君、当時のことおぼえてますか?



(H君が私に答える) 確か寝なかったと思う…



はい、そうなんです!



彼はみんなのブリトーのために1人で徹夜したのです。(笑)



たかが友人のブリトーなのに!


彼は本当に友達想いで熱い人間だなぁと思いました。



H君は友達のブリトーのために徹夜までする男ですから、愛するMちゃんのためなら、きっとそれ以上のことは必ずやってくれると思います。私が自信もってお勧めできる友人なので、Mちゃんどうか安心して下さい。


ブリトーの話で安心しろというのも、無理がありますか?(笑)




私の記憶が確かであれば、この一件で人望を集めたH君は高校1年の時の4人部屋で室長に選ばれたのです。


(再び、「チッチキ、チッチキ」のコールが・・・)


彼は今でも「室長」としてみんなをまとめてくれており、卒業して15年以上経ちますが、私たちは年に2、3回は集まって飲んでいます。先ほどの紹介ありましたとおり、当時の4人部屋が202号室だったことから「202会」と呼んでおりますが、おかげさまで今でもこの202のメンバーとは仲良くさせていただいております。このことについては本当に室長には感謝しております。


これからは202会という素晴らしい会を通して、家族ぐるみでの末永いお付き合いをさせていただけたらと思いますので、どうぞよろしくお願いします。


本日は誠におめでとうございます。






-------ここまで-------



最初の原稿はかなり短くしたつもりだったのに、その場で思いついたことをどんどん話してしまったら、結局は長くなってしまった。(^^;)


いや~スピーチって本当に難しいですね。(><;)


でも、それほど長くは感じなかったようにも思います。結婚式という場は皆が幸せな気持ちで、とても温かい雰囲気になってたので、盛り上がってくれて本当に助かりました。



H君、Mちゃん、おめでとうございます音譜

末永くお幸せに~ラブラブ













スポンサーサイト
NEXT Entry
今夜のワイン
NEW Topics
世田谷線の電車が可愛い!
丸安 田中屋のチーズケーキ
地元産の野菜と肉が半額!
朝の気温はマイナス13度!?
御神渡りを見に諏訪湖へ
蓼科企画さんと鰻小林へ
バッタ(虫)のソフトクリーム
Comment
436
1 ■スピーチ有難うございました
いい歳して「チッチキ」とか言って、相変わらずバカだったよな~(笑)
でも、それがいいんだよね!

437
2 ■>202室長さん
いや~チッチキも懐かしかったね

Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
広告
プロフィール

kumo

Author:kumo
お酒はビールとワインが好きで、美味しいものと一緒にお酒をワイワイ飲むことが何よりの楽しみな30代半ばのオヤジです。

まだまだワインは勉強始めたばかりでよくわかってませんが、なるべく安くあげて楽しく飲めればいいなぁと思ってます。

このブログは、比較的初心者の私が手軽で安いワインを如何にして身近な簡単料理と楽しんでいくかについて書いていきたいと思ってます。

一番最初の記事の自己紹介に書いてますが、私は料理を全くやらない人間でした。でもワインを安く楽しむには自分で料理を作らなければ!と気づき、頑張ってみることにしました。料理についてはレシピというよりは、初心者の人間が作るとどんな大変さがあるかなど奮闘記みたいな感じに書いています。

本物のワイン好きやグルメの人が見たら何と言われるか分かりませんが、私なりのワインの楽しみ方を紹介していきますね。

ワインに対してどれくらいお金を出すかという私の価値観ですが、現状はこんな感じです。

①普段飲みのワイン
 →500~1500円くらい
②ちょっと奮発!
 →2000~3000円くらい
③たまにいいワインを!!
 →5000円~くらい
④かなり奮発!!!
 →8000円くらい

ワインに対する価値観は人それぞれ違うと思いますが、今の私が無理なく楽しもうと思うと、こんなところです。

こんな私ですが、フィーリングの合う方に見ていただけたら嬉しいです。

まだまだ未熟者ですので、ワインについてのアドバイスや安く美味しく飲めるお得な情報をいただけたら嬉しいです。

宜しくお願いします。(^-^)

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。