HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト別荘での楽しみ  »  別荘周辺に住む動物達
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私たちの長野の山小屋にもポヨがいます。

(私たちは勝手に「ポヨ」と名づけてます。)


ハムスターに比べると少し小さくてかわいいです。

野生のねずみだけあって、とてもすばしっこいです。


警戒心が強いのでお客さんが来ている時は滅多に現れません。

いつも私1人でいる時に遊びに来てくれます♪
スローライフ日記-長野のポヨ


別荘を買ったばかりの頃は、「家の中にねずみが入ってくるなんて!」

とちょっと腹を立てて一生懸命ねずみ対策をしてました。


ログハウスの隙間をうめる工事をお願いしたり、

毒入り餌を何箱も置いておいてみたりしました。


しかし、どんなに対策を練っても、かなわないのです。


どんなに隙間を塞いでも、ポヨは小さな隙間を見つけてやってきます。

毒入りの餌も、何度置いても「ご馳走様でした!お変わり!」

と言わんばかりに毎回空っぽにしていきます。

(高い餌を何箱買ったことか・・・)



毒入り餌を美味しそうに食べるポヨ。

スローライフ日記-長野のポヨの餌



ログハウスの隙間をうめる工事をお願いした業者にも

 「やってはみますが、完全にできるかわかりませんよ。」
と言われました。どうやら業者はわかっていたようです。


別荘地の管理センターの方に相談しても、

 「ログハウスは仕方ないですよね~」

と言っていました。動物がくることを悪いと思っていない風でした。

むしろ「動物が遊びに来てくれた。」みたいな感覚でした。



最初の頃はどうしてもその感覚が理解できませんでした。

でも、最近になってようやく分かりました。



どうやら都会で育った私は、人間が世界の中心だと考えていたようです。


「俺の領域(家)にねずみが入ってくるなんて許せない!」

そう思っていました。でも、それは違うようです。

元々あった大自然の中に、無理矢理あとから人間が家を建てているのです。

だから「彼らの領域に人間が住ませてもらってる」という方が正しいようです。

なので、今は「共存する」ということを考えるようになりました。


食べられたくないものはきちんと隠して自分の食べ物は自分で守る。

(それができてなくてうっかり食べられたら、それは私たちが悪いのです。)

ハムスターを飼ってるので、見てると確かにそうなんですよね。

餌箱に餌を入れてあげても、必ず彼らは自分の巣箱に入れて隠しておきます。

私たちも動物の一員なので、こっちでは同じことをするべきなのですね。笑


山小屋を持つようになり、そんなことに気付かされました。




お隣さんTさんとは、たまにお互いの庭の境界線で立ち話をします。

Tさんは別荘を買ってから自分の庭を開墾して畑を作ったそうです。
その畑にいろんなものを作ってますが、こう言ってました。

 「私たちはいつも動物たちのおこぼれを食べてます。」
例えば大根なんかは、地上に出てる部分は全部食べられるそうです。

地中に埋まって残った部分をいつも食べてると言ってました。


我が家はそんなTさんの話を聞いてたのに、失敗をしました。

一昨年の夏、母が好きなトウモロコシを植えたのです。

毎月長野に行く度に、すくすくと育って成長を見るのが楽しみでした。


8月に携帯で撮った写真です。

スローライフ日記-080813_144800.jpg

さぞかし立派なトウモロコシができるだろうと思ってました。


ところが翌月きたら悲惨な状態でした。

スローライフ日記-20080913071129.jpg

硬い茎の部分を残して、他は全部食べれてしまってました。笑

(かなりショックでした!)



ここにはいろんな動物がいて、見かけるとラッキーです。

夜中に車で行くと鹿の大群に出会います。

昼間も出会ったことありますが、写真をなかなか撮らせてくれません。

リスもよく見かけますが、なかなか写真は撮れません。

一回偶然見かけた日本カモシカは写真を撮らせてくれました。


スローライフ日記-日本カモシカ(アップ)


動画も撮りました。


script_ameba_vision_movie,http://visionmovie.ameba.jp/mcj.php?id=VSs52qg75nW:bhbV:Nh:ca:07.cwN2ZJl5Vjf7/xmLbjgbSOjgKJUd:Dx_G:xJ:OO:YUJhMgYJbB7UlhckOmiMq/&width=320&height=240&skin=gray

結構近くまで行きました。


script_ameba_vision_movie,http://visionmovie.ameba.jp/mcj.php?id=fcs52qg75nW:bhbV:Nh:ca:y/02s.0XTl07hf7/xmLbjgbSPjgKJUd:Dx_G:xT:OO:WY_7IQWHbB26jhckOmiMq/&width=320&height=240&skin=gray
声をかけても逃げなかったので、近づいてみたらさすがに逃げていきました。



また新たな動物と遭遇したらブログにアップします♪



<長野の山小屋に初めて来られる方へ>

慣れないと動物が家に入ってくるのはちょっと怖いですよね…

ポヨが来るのは一階のリビングと台所だけです。

(しかも人がいない時です。2人以上いる時は絶対に来ません。)

1階の客室と2階の和室はログの作りでないのでポヨは入れません。

どうぞ安心しておやすみください。












スポンサーサイト
NEXT Entry
新宿で初デート(ラーメン編)
NEW Topics
世田谷線の電車が可愛い!
丸安 田中屋のチーズケーキ
地元産の野菜と肉が半額!
朝の気温はマイナス13度!?
御神渡りを見に諏訪湖へ
蓼科企画さんと鰻小林へ
バッタ(虫)のソフトクリーム
Comment
25
1 ■田舎暮らし
奥さんと仲よさそうでなにより。
昨日、火鍋セットを買いました。
美味かったら、今度ログハウスで
火鍋をしよう!
招待してね!!


26
2 ■いいよ!
>Mさん

コメントありがと。
是非来てくれ。
今度202会を長野でやろう。

Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
広告
プロフィール

kumo

Author:kumo
お酒はビールとワインが好きで、美味しいものと一緒にお酒をワイワイ飲むことが何よりの楽しみな30代半ばのオヤジです。

まだまだワインは勉強始めたばかりでよくわかってませんが、なるべく安くあげて楽しく飲めればいいなぁと思ってます。

このブログは、比較的初心者の私が手軽で安いワインを如何にして身近な簡単料理と楽しんでいくかについて書いていきたいと思ってます。

一番最初の記事の自己紹介に書いてますが、私は料理を全くやらない人間でした。でもワインを安く楽しむには自分で料理を作らなければ!と気づき、頑張ってみることにしました。料理についてはレシピというよりは、初心者の人間が作るとどんな大変さがあるかなど奮闘記みたいな感じに書いています。

本物のワイン好きやグルメの人が見たら何と言われるか分かりませんが、私なりのワインの楽しみ方を紹介していきますね。

ワインに対してどれくらいお金を出すかという私の価値観ですが、現状はこんな感じです。

①普段飲みのワイン
 →500~1500円くらい
②ちょっと奮発!
 →2000~3000円くらい
③たまにいいワインを!!
 →5000円~くらい
④かなり奮発!!!
 →8000円くらい

ワインに対する価値観は人それぞれ違うと思いますが、今の私が無理なく楽しもうと思うと、こんなところです。

こんな私ですが、フィーリングの合う方に見ていただけたら嬉しいです。

まだまだ未熟者ですので、ワインについてのアドバイスや安く美味しく飲めるお得な情報をいただけたら嬉しいです。

宜しくお願いします。(^-^)

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。