HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト私の夢  »  実際に行動を起こしてみよう!③
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日の記事の続きです。

実際に行動を起こしてみよう!①

実際に行動を起こしてみよう!②



「祖母が老人ホームに入る
 前まで、デイサービスで
 楽しんでいた陶芸を再び
 出来る方法はないか?」


ということを、祖母が前まで
通ってたデイサービスの職員
に相談してきたという話です。


できるかできないかの即答は
難しいので、まず上司に相談
してみますと言われました。


介護保険制度で成り立ってる
ものであるため制度の関係で
老人ホームからデイサービス
に通うことが可能かどうかが
前例のない話なため、明確に
わからないとのことでした。

また、

介護保険の点数配分を変える
ことができるかも考えないと
いけないと言われました。

今は老人ホームの方に目一杯
使っていると思われるので、
それをどうするか、ホーム側
のケアマネージャに相談して
みないといけないそうです。

さらに

それがOKだとしても、今度は
送迎の問題があるらしいです。

祖母の送迎を誰がするのかが
問題で、仮にデイサービス側
が行うとすると、バスの経路
上に祖母が迎えにいける場所
にいるかどうかによってOKか
どうかが決まるらしいです。


今デイサービスを受けたい人
で待ち状態の人が数名は常に
いる状態だと言ってました。

それは定員の問題もあるよう
ですが、デイサービスの施設
で用意してるバスでの送迎の
やりくりが難しくて、迎えに
行けない場合もあるらしい。


介護の世界に詳しくない素人
な私の考えかもしれませんが
何かがおかしいような気が…


いくつかの理由があってだと
思いますが、素人考えで言う
と私が施設単体で考えている
レクリエーションに限界ある
と感じているのと同じように
見えてしまって仕方ないです。


1施設だけで考えた送迎経路
という難関パズルの解を探す
よりも、地域の中で包括的に
考えた方が解が見つかり易い
ということはないのかなぁ?

短絡的ですが、直感的にそう
思ってしまいました。

もうちょっと勉強しますので
間違ってたらごめんなさい。
m(_ _)m


ちなみに、祖母のホームでは
付き添いも一緒につく車送迎
サービスはあるらしいですが
残念ながら片道1000円という
値段設定、毎週楽しみのため
に使う額としては高いです。


やはり…

祖母が老人ホームから好きな
デイサービスに通うというの
は難しい話のようですよね。


デイサービス側は前例のない
ことを言われて振り回され、
祖母のホーム側も調整が必要
でデイサービス側から祖母の
ホームに連絡いってしまい、
きっとホーム側は自分の施設
が悪く言われたように感じて
しまい、いい気はしない…。


「これは大事になりそう」


と思ってビビった私は、まず
祖母が陶芸教室に通いたいと
いう強い気持ちがまだあるか
確認してみてから、各方面に
動いてみることにしました。



しかし、これまた私としては
複雑な心境になってしまう。


まだ行ける可能性がないのに

「陶芸教室がまたできること
 になったらもう一度行って
 みたいと思いますか?」

と聞いて期待をもたせといて
いざ動いてみたらダメだった
という結末になると思うと…


かと言って、可能性を見出す
方を先にしようと思うと必ず
言われるプレッシャーの一言

「ご本人様は本当に必要と
 しているのでしょうか?」

まぁ当然なんですが。(^^;)


う~ん、どっちが先なんだ?
と、頭の悪い私はわからなく
なってくる…。 (^^;)


いずれにせよ、軽い気持ちで
働きかけるだけでは難しいと
いうことだけはわかりました。


お年寄りの方が残された最後
の貴重な時間にやりたいこと
できないというQOLの問題。

気力や残存機能の問題で、
もしかしたら僅かな時間で
しかないかもしれません。


家族はその貴重な時間を大切
にして、本人のやりたいこと
をさせてあげたいと思っても
これらの問題で伸ばし伸ばし
になって時期を逃してしまう
ことはとても残念なことです。

私達自信が年をとった時にも
そんな状況が残っていたら、
やだなぁと思いませんか?
スポンサーサイト
NEXT Entry
馴染みの店がラーメンウォーカーに
NEW Topics
世田谷線の電車が可愛い!
丸安 田中屋のチーズケーキ
地元産の野菜と肉が半額!
朝の気温はマイナス13度!?
御神渡りを見に諏訪湖へ
蓼科企画さんと鰻小林へ
バッタ(虫)のソフトクリーム
Comment
966
1 ■無題
んー正しいかは分かりませんが
政治もそうですが素人が素直におかしいと思う事って
実際におかしいことも多くあると思います^^;
しがらみとか本当にどうにもならないシステムもあるかもしれませんが・・・
当初は非常識でも今は常識ってのも多くあるので是非、頑張って欲しいです^^

967
2 ■ありがとうございます!
>たまごさん

励ましのお言葉ありがとうございます。

そうなんですよね。
ちょっとした気づきで見え方が変わることもありますよね。

この件に関してはまだ何とも言えませんが…
(^^;)

Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
広告
プロフィール

kumo

Author:kumo
お酒はビールとワインが好きで、美味しいものと一緒にお酒をワイワイ飲むことが何よりの楽しみな30代半ばのオヤジです。

まだまだワインは勉強始めたばかりでよくわかってませんが、なるべく安くあげて楽しく飲めればいいなぁと思ってます。

このブログは、比較的初心者の私が手軽で安いワインを如何にして身近な簡単料理と楽しんでいくかについて書いていきたいと思ってます。

一番最初の記事の自己紹介に書いてますが、私は料理を全くやらない人間でした。でもワインを安く楽しむには自分で料理を作らなければ!と気づき、頑張ってみることにしました。料理についてはレシピというよりは、初心者の人間が作るとどんな大変さがあるかなど奮闘記みたいな感じに書いています。

本物のワイン好きやグルメの人が見たら何と言われるか分かりませんが、私なりのワインの楽しみ方を紹介していきますね。

ワインに対してどれくらいお金を出すかという私の価値観ですが、現状はこんな感じです。

①普段飲みのワイン
 →500~1500円くらい
②ちょっと奮発!
 →2000~3000円くらい
③たまにいいワインを!!
 →5000円~くらい
④かなり奮発!!!
 →8000円くらい

ワインに対する価値観は人それぞれ違うと思いますが、今の私が無理なく楽しもうと思うと、こんなところです。

こんな私ですが、フィーリングの合う方に見ていただけたら嬉しいです。

まだまだ未熟者ですので、ワインについてのアドバイスや安く美味しく飲めるお得な情報をいただけたら嬉しいです。

宜しくお願いします。(^-^)

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。