HOME   »  苦手な料理との奮闘
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日、めずらしく私が料理をしました。


初めての「ブリの照り焼き」に挑戦です!


父が買ってきたブリを料理するのに

いつも塩焼きじゃつまらないからと、


「ブリの照り焼きが簡単かどうか

 ネットで調べて見てくれないか?」


といわれ、試しに検索してみたら

思いの他に簡単そうだったので、

私が料理することにしたのです。



まず皮を下にして焼くらしいです。

(なんでなんでしょうね?)


東京でプチスローライフ-20100701195114.jpg


焼けたらひっくり返して、


東京でプチスローライフ-20100701195208.jpg


いい感じの焼き目がついたら

フタをして蒸すらしいです。


東京でプチスローライフ-20100701195258.jpg


その間に、タレを用意しておきます。


東京でプチスローライフ-20100701195411.jpg


適当にこんな分量で作ったと思います。


醤油(大2)、砂糖(大1)、みりん(大2)、酒(大2)


(レシピによって分量いろいろだったので、

 私なりに平均値をとってみました。 笑 )


3分蒸し焼きにしたら、フタをあけて

作ったタレを一気に投入します。



東京でプチスローライフ-20100701200046.jpg


たまに愛情をこめてタレをスプーンで

すくって、ブリにかけてやるそうです。



愛情を注ぐこと8分。


照りが出てきたのこれでよし!


完成です。


東京でプチスローライフ-20100701200439.jpg


火を止めて、お皿へ盛ります。


タレがいっぱい残ってたので、

たっぷりブリにかけてやりました。


東京でプチスローライフ-20100701200740.jpg


「いただきま~す!」



「ん?あれ?」



「しょっぱ過ぎ・・・」



きっと、

ブリをお皿に移した時にたっぷりかけた

余ったタレがよくなかったみたいですね。



実はなんですが、私・・・


タレがまだ残ってたので、

味が薄かった時のために

お皿にとっておいてました。(笑)


東京でプチスローライフ-20100701201231.jpg


こんなにタレいらねーよ!って感じですね(笑)



でも、わたしは、このタレがもったいないと思い、

ご飯にかけて食べてしまいました。



初めて自分の作ったものだと、

妙に愛着が湧いてしまいますね。ニコニコ





料理のつづき。
今度はおからです。

おからを作るには先に解凍
しておかないといけません。
東京でプチスローライフ-解凍の開始

魚の煮物をした時に余った
煮汁を冷凍したもの。
東京でプチスローライフ-冷凍した魚の煮汁

それから、豆腐屋でもらった
時に冷凍しておいたおから。
東京でプチスローライフ-冷凍したおから

これらが解凍できたら料理を
開始できるようになります。

魚の煮汁をおからに使うのは
母がよくやってたからです。



豚汁に続き、料理開始!

ゴボウ、ニンジン、コンニャク炒める。
東京でプチスローライフ-おから料理開始

もう面倒になってしまい、
全部一気に入れてしまう。
東京でプチスローライフ-具材全部入れる
お揚げ、インゲン、
シイタケ、ネギ、かな?

次におからを全部投入!
東京でプチスローライフ-おから投入

そしてひたすら混ぜる。
東京でプチスローライフ-おからを混ぜる

また同じ過ちをおかす私…

火が強すぎて、おからが
少し焦げてしまいました。

火加減も、難しいなぁショック!


ここで魚の煮汁を入れる。
東京でプチスローライフ-魚の煮汁投入

とりあえず半分で様子見目
東京でプチスローライフ-とりあえず半分だけ

味見してみたら大丈夫そう
なので魚の煮汁全部入れる。
東京でプチスローライフ-魚の煮汁を混ぜる

私はもういいと思いましたが
まだ味が足りないとダシ入り
つゆをドボドボ加える父。

「あーあ、入れすぎだよ…」

何はともあれ、完成!
東京でプチスローライフ-おから完成!

豚汁もお椀によそる。
東京でプチスローライフ-豚汁もよそる


いただきま~す音符


豚汁は…

おろした生姜をじゃんじゃん
入れたので、一杯飲んだだけ
で体がポカポカしました。温泉

私はむしろ汗だくでしたガーン


おからは…

しょっぱすぎかと思ったら、
ズバリこの味でしたビックリマーク

母が作ってくれてたおから
の味は少し濃いめの味付け
だったみたいですね。

父の方がよく覚えてましたニコニコ


お袋の味の一つ目を発見音符


あとは、
 カレー、ラザニア、ふき
の3つです。

レシピはどこにあるんだろ…


昨日の料理の続きです。


まずは豚汁から。


調子に乗って具を沢山切りすぎて

しまったので、鍋の選択に悩む…


東京でプチスローライフ-鍋の選択


妻が大きい方が作りやすいという

ので、でっかい方の鍋に決定!


18時35分に料理開始ビックリマーク


まずは油をひいて、生姜を投入。


東京でプチスローライフ-生姜を投入


うぉ~叫び、生姜があっという

間に焦げついてきてしまった~あせる



思いつきで、冷たいお肉を

鍋に投入してみることにするビックリマーク


東京でプチスローライフ-肉を焼く


うぉ~叫び 肉が鍋底にくっつく~あせる


と、焦りながらも写真をパシャリカメラ


(写真がうまくとれてないことからも

 慌ててる様子が想像できる?笑)


油が少ないのかと思い、後から

油をドボドボ~と追加しました。


それでも解決せず…メラメラ


どうしよう、どうしよう、あわあわ汗


あ、そっかひらめき電球 


火が強いのかビックリマーク


火を弱めたら、ちょっと

鍋の中が落ち着きました。


ホッとする私…かお



冷静になってみて、お箸でなくて

木ベラを使えばいいことに気付く。


さっきはお肉が焦げないように

慌ててお箸でかき回したせいで

肉が小さくなってしまった…ガーン



気を取り直して、ニンジンを投入ニコニコ


東京でプチスローライフ-ニンジン投入


もう落ち着いてるので、

写真も元通り綺麗ですね。(笑)


ゴボウとコンニャクも投入。


東京でプチスローライフ-コンニャクとゴボウも投入


ダイコンも投入。


東京でプチスローライフ-ダイコン投入

ダイコン多すぎだな…)


残りの具材は面倒になったので

全部一気に投入してしまえビックリマーク


東京でプチスローライフ-面倒だから残り全部投入


ビックリマークネギの存在を忘れてた



ネギも後から投入。


東京でプチスローライフ-最後にネギを投入


なんだか、おからと豚汁の具材が

両方並んでるからか、何が何だか

訳分からなくなってしまった~ショック!



炒めるのも、飽きてきたので、


東京でプチスローライフ-炒め完了!


用意してたダシ汁の火を止めて、


東京でプチスローライフ-作っておいたダシ汁


鍋に投入しました。


東京でプチスローライフ-ダシ汁投入


沸騰したら、豆腐を投げ込むビックリマーク


東京でプチスローライフ-豆腐を投入


あ、やべっあせる


豆腐を箱に入れたまま切ったから

上下半分に切り忘れてデカ過ぎた叫び


東京でプチスローライフ-豆腐でかすぎ…


木ベラで、ブスブスと強引に

切っていきましたが、なんか…

グチャグチャになって汚いむかっ



気にしないために、木ベラで

さらにかき回して沸騰を待つ。


東京でプチスローライフ-沸騰するのを待つ


沸騰したので、味噌を投入ビックリマーク


東京でプチスローライフ-味噌を入れる


うーん、量がわからん…


とりあえず、味見してみる。


なんか薄いような気がするから

味噌をもう少し追加してみました。


東京でプチスローライフ-更に味噌を追加


今度は濃すぎで、お湯を追加。


東京でプチスローライフ-お湯でうすめる


薄めすぎて、再び味噌を追加。(笑)


東京でプチスローライフ-再び味噌投入


いや~、味付けって難しいですね。
(^^;)


何かが足りないと思い、

生姜をすりおろしてみる。


東京でプチスローライフ-生姜をおろしてみる


鍋にどんどん入れていきました。


東京でプチスローライフ-おろした生姜を入れる


この大量の生姜を入れることで、

妻の熱が下がるいいんだが…


よしっビックリマーク これで完成!!


東京でプチスローライフ-豚汁完成!


時刻は・・・ちょうど19時!


ってことは25分かかったのか。


ま、私の実力じゃそんなもんだ。



続けて、おからも作らねばあせる




続きはまた今度書きますね。



今日は妻が風邪でダウンしたため、

私が料理することになってしまったあせる


先ほどの記事にも予告しましたが、

妻のリクエストの「豚汁」と、前から

私が作りたかった「おから」です。


17時15分、料理開始です!


まずはゴボウから。


東京でプチスローライフ-まずはゴボウから


何と言う切り方か知りませんが、

鉛筆削りみたいに削りました。


東京でプチスローライフ-ゴボウを削って


ゴボウを切るのはいつも私の役目

なので、これは苦ではありません。


インゲンも用意しました。


東京でプチスローライフ-インゲンも用意

(父に筋をとってもらいました。)


ニンジンも1/4にして薄く切りました。


東京でプチスローライフ-ニンジンも切って


ここまでは順調でした。


次にダイコンを切ります。


東京でプチスローライフ-ダイコンも切るか


半分だけ使うので切ろうとしたら…


まっすぐ切れないじゃないかむかっ


東京でプチスローライフ-まっすぐ切れない…

かなり曲がってしまいましたショック!


いきなりやる気なくす私…むっ


でも、時間がないので、、、


気持ちを取り直してダイコンを切る。


しかし、4等分では大きかったので、

8等分してから薄切りしてみました。


東京でプチスローライフ-こんな切り方した…

8等分にすると、すげー切りにくいし…ガーン

(普通こんな切りかたしないですか?)



コンニャクはそれぞれ違う切り方。


まずは豚汁用に大きく切る。


東京でプチスローライフ-豚汁用こんにゃく


そして、次におから用に細く切る。


東京でプチスローライフ-おから用こんにゃく


ネギも同じく、まずは豚汁用。

東京でプチスローライフ-豚汁用ネギを切る


次におから用に切って、


東京でプチスローライフ-おから用にネギを切る


再び青い部分は豚汁用に切る。


東京でプチスローライフ-再び豚汁用にネギを切る


お揚げも同じく、右がおから用で

左が豚汁用に切ったものです。


東京でプチスローライフ-お揚げも両方用に切る


豚汁用の豆腐も切りました。


東京でプチスローライフ-豆腐を切る

↑横着して箱に入ったまま切る私。



お~ビックリマーク やっと終わったぜぃにひひ

東京でプチスローライフ-やっと全部切れた


寝ている妻を起こして、念のため

具材のチェックをしてもらうことに。



「豚汁に入れるしょうがは切った?」


「あ、忘れてた…」


東京でプチスローライフ-しょうがを切る


「シイタケも忘れず使ってね。」


「あ、忘れてた…」

東京でプチスローライフ-シイタケを忘れてた

東京でプチスローライフ-シイタケを切る


「豚肉にはお酒をかけた?」


「あ、忘れてた・・・」


東京でプチスローライフ-豚肉に日本酒を忘れてた

ふーDASH!

チェックしてもらってよかったぁショック!



なんとか、これでそろったようです。


時刻は18時35分でした。


たかだか野菜を切るだけなのに、

1時間20分もかかってしまったぁ叫び



妻はフラフラするというので、

またベッドに戻っていきました。


さぁ、


これから一人で調理していきます。




続きはまた、明日書きますね~にひひ



本当に何のためにもならない

男の料理記事ですが、また

よかったら見に来て下さいニコニコ





えっと、、、先に言っておきますと

これは料理の話じゃないですよ…


義理妹AIちゃんに以前もらった

冷凍の「長崎ちゃんぽん」です。


東京でプチスローライフ-20100516134719.jpg


妻が風邪をひいて熱を出してしまい、

私にお昼を作ってほしいと言うので

冷凍庫にあったのを出してきました。


私は本当に料理をしない人間なので

作るのが面倒だったのですが、裏の

説明を見てみたら本当に簡単そう!


東京でプチスローライフ-20100516134752.jpg


要はお湯を沸かして冷凍具材を

入れていくだけだったようなので。


最初は水350ccと特性スープを

混ぜて沸騰させます。


つゆが沸騰してきたら、

冷凍の具をぶっこみます。

東京でプチスローライフ-20100516133444.jpg


これが沸騰してきたら、
今度は冷凍の麺をぶっこむ。

東京でプチスローライフ-20100516133619.jpg


沸騰したら出来上がりです。

東京でプチスローライフ-20100516133819.jpg


お皿に盛りました。

東京でプチスローライフ-20100516133950.jpg

ちなみに、量が少なくみえるのは、

1人前を2人で分けたからです。


携帯の写真なのであまり写りも

よくないのが残念ですね…


こんなに作るのが簡単なのに、味は

こってりしてて、かなり美味しいです。



何がいいかって、


時間を計る必要ないのがいいです!

(それくらい私は面倒臭がりなのです。)



しかし、もっと欲を言えば…


最初に水を350cc計るのが面倒ですあせる


最初から350ccの水とつゆを混ぜた

ものをビニールに入れておいて

くれたらもっと楽なのになぁ・・・


なんて (^^;)


↑私の料理のレベルが分かりますね。



そんな私が…


今夜は夕飯を作ることになりましたビックリマーク


豚汁とおから料理を予定してます。



これからお買い物行ってきま~す。


本日のホームパーティに持っていった

私の簡単料理、とてもよかったので、

ご紹介させていただきますね。


2010年1月18日サントネージュワイン
簡単おつまみレシピコンテスト優秀賞

受賞したらしいです。(クックパッドより)


本当の材料の分量や作り方は最後に

ご紹介しますので、そちらをご覧下さい。


クックパッドには「さっと3分で」と書いて

ありましたが、普段料理を全くやらない

私が何分かかるか計ってみました。



まず、オイスターソースとマヨネーズを

大さじ2杯ずつ器に入れ、

東京でプチスローライフ-オイスターソースとマヨネーズ


よく混ぜました。

東京でプチスローライフ-オイスターソースとマヨネーズを混ぜる



セロリ2本を切ります。
東京でプチスローライフ-セロリをこれから切る


厚めに切るといい書いてあるので、

1cmくらいの厚さで切ってみました。


妻に「それは厚すぎ!」と言われ、

もう少し薄く切り直すことになる。


厚さばかり気にしてたら…
東京でプチスローライフ-セロリを切ってる途中
斜めに切るのを忘れてしまいました。(笑)


途中で何本かまとめて切ればいい

ことに気付き、少しスピードアップ。

東京でプチスローライフ-セロリをまとめて切ることを思いつく


やっとセロリを切るのが終わる。
東京でプチスローライフ-セロリを切り終わる

この時点で既に15分経ってしまう…



フライパンをあっためて油をしく
東京でプチスローライフ-フライパンに脂をしく


豚肉は多めに300g!!
東京でプチスローライフ-豚肉を冷蔵庫から出す


そのままフライパンにぶっこむ。
東京でプチスローライフ-そのままフライパンにぶっこむ


妻が料理酒を入れるといいと、
東京でプチスローライフ-妻が料理酒をかける
後からかけてくれました。

(本当は焼く前にするらしい…)


お肉の色が変わってきたら、
東京でプチスローライフ-お肉の色が変わってきたら


セロリをぶっこみ、
東京でプチスローライフ-セロリをフライパンに入れる

さっと炒めたら、ソースを入れます。
東京でプチスローライフ-ソースをフライパンに入れる


ちょっとからめたら、

東京でプチスローライフ-ソースを混ぜる


胡椒をかけて終わり!

東京でプチスローライフ-胡椒をかける

粗挽き胡椒がなかったので、

残念ながら普通の黒胡椒です。


そしてすぐにお皿に盛りました。
東京でプチスローライフ-お皿に盛る
見本のマネしてセロリの葉を添える。


ここで、味見をしてみました。


「うまいじゃないか!」


でも、もっと胡椒をかけようっと。

東京でプチスローライフ-更に胡椒をかける
更に胡椒をかけてできあがり。


確かに焼くところは3分くらいでした。



結局全部で20分かかってしまった私。


本当にこれ3分でできるのか!?


でも、とても簡単で美味しかったです。


白ワインにも赤ワインにも合います。


ホームパーティの他の皆さんの料理

はまた後ほど紹介しますね。




レシピはこちら をご覧下さい。


明日は小学校時代の友人との
ホームパーティーです。

またまた一人一品の料理を
作らないといけませんガーン

安上がりに美味しく酒を飲む
ためには料理ができないと
いけないみたいですねDASH!

働かざるもの食うべからず?

今回は妻に頼らずに、自分で
クックパッドというところを
開いて検索してみました。

「ワイン、簡単、料理」

をキーワードに探してみたら
ばっちりありました!

3分でできるらしいです。

おぉ…なんとありがたいラブラブ!

料理をしない私でも15分で
できそうでした。(5倍!?笑)

こんな簡単なものがワインに
合うとしたらすごいです!

美味しかったら載せますね。
広告
プロフィール

kumo

Author:kumo
お酒はビールとワインが好きで、美味しいものと一緒にお酒をワイワイ飲むことが何よりの楽しみな30代半ばのオヤジです。

まだまだワインは勉強始めたばかりでよくわかってませんが、なるべく安くあげて楽しく飲めればいいなぁと思ってます。

このブログは、比較的初心者の私が手軽で安いワインを如何にして身近な簡単料理と楽しんでいくかについて書いていきたいと思ってます。

一番最初の記事の自己紹介に書いてますが、私は料理を全くやらない人間でした。でもワインを安く楽しむには自分で料理を作らなければ!と気づき、頑張ってみることにしました。料理についてはレシピというよりは、初心者の人間が作るとどんな大変さがあるかなど奮闘記みたいな感じに書いています。

本物のワイン好きやグルメの人が見たら何と言われるか分かりませんが、私なりのワインの楽しみ方を紹介していきますね。

ワインに対してどれくらいお金を出すかという私の価値観ですが、現状はこんな感じです。

①普段飲みのワイン
 →500~1500円くらい
②ちょっと奮発!
 →2000~3000円くらい
③たまにいいワインを!!
 →5000円~くらい
④かなり奮発!!!
 →8000円くらい

ワインに対する価値観は人それぞれ違うと思いますが、今の私が無理なく楽しもうと思うと、こんなところです。

こんな私ですが、フィーリングの合う方に見ていただけたら嬉しいです。

まだまだ未熟者ですので、ワインについてのアドバイスや安く美味しく飲めるお得な情報をいただけたら嬉しいです。

宜しくお願いします。(^-^)

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。